スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼科

眼科へ行ってきました。
3ヶ月ぶりです。

メガネの効果はいかほど・・・?


メガネをかけた状態で、
右眼は0.6、左眼は0.3とのこと。

左眼が全然正答がなかったんですが・・・。

これは、見えていないのか、
ただ左右を間違ったのか、
はっきりと分からないので様子見ということになりました。

来月また受診し、視力をはかります。



あ、ちなみに眼の傷はとくにありませんでした。
逆まつげも、今回は大丈夫なようです。
(行くたびに違うんですよね・・・(^^;;
スポンサーサイト

チュービング 左耳

右耳に続き、左耳もチュービングしてきました。

ドクターから、左耳もやる?と聞かれたCOTO自身が
「やる」
と言ったため、行われた左耳のチュービング。

右耳をやって、よく聞こえるようになったことが分かったのか、
ただの意地なのか(笑)


でも、自分から頑張ると決めて行った左耳は、
右耳の時に比べてあまり泣かず、頑張ることができました。

イオン麻酔の時には

「妖怪ウォッチみたい?」
嬉しそうでした。


チュービング

滲出性中耳炎のCOTO。

半年以上様子を見ました(薬で治療も、切開もした)が、改善されないのでチュービングすることになりました。

子どもは普通全身麻酔とのことですが、動かない(動けない)COTOは部分麻酔で行ってもらうことに。
(母さんからお願いしました。負担が全然違うので)

まずは本日、右耳のみ。

麻酔中ー。


麻酔の時点で怖がっていたCOTOですが、腕に装着した電極を「妖怪ウォッチみたい」と言うと、ちょっと得意げ(笑)

少し落ち着きました。


さて、処置。
バギーに乗ったままどうやって機材を届かせるか、で少し頭を悩ませていたドクターでしたが、
何とかそのままで行ってもらうことができました。

「泣いちゃう」
と本人が宣言していた通り、いや、それ以上に大泣きだったCOTO。

「ヒー。ヒー。いたいー。」
と悲痛な叫びを上げていました。

でも、処置が終われば泣くのをやめ、
「これで聞こえやすくなったよ」
というドクターの言葉に
「やったー!」
と応える余裕?ぶり。

左耳も聞こえるようになりたい?と聞かれ、
「なりたいー」
と答えたので、
そのうちにまた左耳も頑張ってね、COTO。

それにしても、よく頑張ったと思います。

偉かったよ、COTO!


↑診察室から出て来たばかりのCOTO。
まだ少し涙目?
でも、この時にはもう「痛くない」と気持ちも落ち着いていました。

眼科受診

COTOの眼科受診へ行ってきました。

片道1時間、
お姉ちゃんの授業参観を途中退出して、の受診です。
(お姉ちゃん、ごめんー)

行ってビックリ!すごい人!!

どうやら、学校の眼科検診で引っかかった子が多くて混んでいるそうです。
そっか。
そういう時期か(涙)

受診結果は
今のところあまりよくなってはいないということ。
「メガネをかけていない時間が多いですか?」
と見破られちゃいました。

そう、
COTOが嫌がるので、結構外してることの方が多かったわ・・・(⌒-⌒; )

母さん、反省です。
COTOと2人で、ちゃんとかけようねーと誓い合いました。


さて、眼科からそのまま歯科へ。

歯科でもいつものように診てもらい、
終了です。

歯科はスムーズだったので、
お姉ちゃんの帰宅時間に間に合ってやれやれ。

お疲れさまでしたー。

鼓膜切開

滲出性中耳炎のための、右耳の鼓膜切開をしてきました。

動かない(動けない)COTOは、鼓膜麻酔のみで実施。おかけで、負担が少なくて済むのですが・・・

本人、なんだか怖かったようで、
麻酔の綿を入れられた時には微妙な表情、


切開中には顔をしかめ続け、
処置が終わって話しかけられた途端、泣き出してしまいました。

母さんの説明不足だったかな・・・ごめんね(^◇^;)


切開した結果の聞こえ具合はというと、
どうやら聞こえやすくなった・・・っぽい?

まだ未処置の左耳と比べても、右耳の方が聞こえる、と言います。

であれば、
左耳も切開してもらうべきかなー。

いや、切開じゃなくチューブの方がいいかもしれません。
ドクターとしては、チューブをどうやって入れようか・・・という問題もあるようですが。(全身麻酔かどうかも含め・・・)

とりあえず、次の受診まで様子見です。



追記
帰宅後、右耳から血が出てちょっと焦った母さん。
やっぱり耳から血が出るって怖くなるなぁ。
01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。