スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生会

離れたところに住むCOTOたちの従姉妹が,夏休みを利用してばあちゃんのおうちに遊びに来ました。

8月の誕生日者が多い我が親族。

まだカレンダーでは7月でしたが,せっかく集まれる機会だからとお誕生会を開きました。

平日だったこともあり,ちょっとバタバタしてしまったけれど,
賑やかな夕食にCOTOも嬉しそう。

話の流れでなぜか9月分のお誕生会も兼ねることになりましたが,
まあそれもご愛嬌。


本日のケーキはチーズケーキでーす(市販です

jんghfsがs



なかなか会えない従姉妹ですから,
また会える日が楽しみです
スポンサーサイト

あさあお

hgsgfsj

あさあお・・・間違ってはいますが(苦笑)

COTOを一人にしていたら,こう打ってくれました。
lgdhgfsd

お姉ちゃんとNONが保育園から持ち帰ったアサガオの苗。
hせhjytkじぇう

今日は一気に10個咲きました。
COTOを窓辺に連れていって
「ほら,アサガオだよ~。いくつ咲いたかな~?」などと話しかけてから離れたので,
その言葉からひろったんだと思います。


ただ・・・
そのあと
「何色のアサガオかな~?」
と質問してみると,COTOの答えはなんと
「ひみろり」


・・・・つまり,「きみどり」


COTO,それはアサガオの花ではないぞ。


そこで,ひとつ摘んで「ほら,何色?」と聞くも,さらに
「ミ(どり)」と打とうとするCOTO。

もしかして,赤が緑色に見える・・・?と不安にもなりましたが,
もう一度聞いてやると
「むらさき」
と答えてくれました。

fhshshjr


COTO,適当だな~


花がどの部分か,がもしかして分かってなかったのでは,と思います。

やっぱり,生活経験不足は否めない。
こうしたことを一つ一つ解決してあげたいな,と思います。

歯医者へ

昨年はプール拒否だったCOTOですが,
今年はすっかりプール好きに。

お姉ちゃんとNONがプールに入っているのを見て,当然
j,hgfだsygthjng

「こっちゃんも,はいる~!」

何度もそう言ってアピールしてくれるのですが,
残念ながら本日父ちゃん仕事により不在。

母さん一人で,お姉ちゃんとNONの相手しながらCOTOをプールに入れる,
なんてデンジャラスなことをするのはさすがに・・・無理

COTO,ごめんよ~。
ってことで・・・
hjdgtrfsfes
泣いてます。
ですよね~


でも,だからといってお姉ちゃんたちに我慢させるのも違う気がするし,
悩むところです・・・。
(明日も父ちゃん仕事だしね・・・)


さて。

歯医者の定期受診に行ってきました。
今回は,NONも加わり子どもたち3人受診。

お姉ちゃんは一人で診察を受けてくれるし,
COTOは診察が始まれば母さんが離れても平気なくらい慣れてくれたおかげで,
別室でNONの診察を受けることができました。

NONはもちろん大泣きでしたが(苦笑)

娘たちが成長してくれたおかげで,3人受診でも母さん一人で何とかなります。


COTOの歯は,以前からどうもガタつくようになり,
母さんとしてはそれが心配でなかなか強く磨いてやれないのですが,
歯医者さんからは「この程度なら抜けないから大丈夫」と言ってもらいました。

歯磨きがそ~っとになっていたからなのか,食事の味見が増えているからなのか,
COTOの歯石が随分たまっていたようです。

しっかり綺麗にしてもらいました。
ドキドキするけど,しっかり磨いてあげなくっちゃな~


上あごの内側部分が深く,汚れが溜まりやすいとのことで
スポンジブラシを勧めてもらいました。
fshんgsdrgfstf

これまで歯ブラシでチョコチョコ取っていた母さんでしたが,
やっぱりこういうものを使っていかないとダメかしら

とにかく,歯磨きをしっかりしてあげなくちゃ,と気を引き締める母さんです。
次回までに歯のガタつきが大きくならないといいな~。


歯といえば,お友達ママから歯ブラシをいただきました。(ありがとう~!)
「ネオタフト」
ゆl,ftdrgs

普通の歯ブラシとCOTOが使っているポイントブラシが合わさった形。
普通の歯ブラシも入るほど口が広げられるようになったCOTOにとって,
バッチリな歯ブラシかもしれません


今後は,これでお口のトラブルを防ぐべく頑張りますっ

保育園の夏祭り

お姉ちゃんたちの保育園で夏祭りがありました。
tgfrでs

夕方から始まり,暗くなるまである夏祭り。
今年も,家族皆で参加できました。


昨年は浴衣を来たCOTOでしたが,
今年は身長も伸びて浴衣が小さくなってる・・・。
加えて,COTOが「じんべいさん(の方がいい)」というので,
今年は甚平で参加です。

yhgtfrうぇsj
(保育園へはバギーに乗り換えて行ったのですが,その様子は写真を撮り忘れたのでありません


盆踊りを一緒に踊り,みんながチケット制のゲーム等をしている間は太鼓演奏に聞き入り,
COTOも楽しい夏祭りになったようです。


もちろん,お姉ちゃんも楽しんでいました

らえhsれあ
NONはすでに眠いのか疲れているのかで,ベビーカーから降りようともしませんでしたが(苦笑)

車の点検

半年に一度の恒例行事,車の点検がありました。

今回は,母さんいつも以上にハードスケジュール。

COTOを日中一時まで送り届けたあと,点検のための作業。
へえわfsw


作業前。
んgfだsdgfr

作業後。
kj。;うfyft
あら~。普通だわ~(笑)

急いでディーラーに持っていき,
点検終了後はまた急いで帰宅後,作業。

COTOを迎えに行かなきゃいけませんから

ヘルパーさんが来てくれる時間が迫っており,
とにかく急げ・急げのスケジュールになりました。


急いでいたのがいけないのでしょうか・・・。
母さん,大失敗。

げせrgrty


ボルトを,車の内装カバーの中に落としてしまいました
写真右の穴に,です。

カラン・コロンと無情な音・・・(涙)
ディーラーさんに助けを求めたら,明日取ってくれるとのこと。
助かった~(涙)


何事も,焦りは禁物です

次回は,COTOには悪いけど点検日は家で過ごす一日にしてもらおうっと・・・。
(そうすれば,ディーラーさんが車を取りに来てくれますから)


実は,もうひとつ母さんの失敗で大変なことが。

朝,COTOを送り届けようと準備をしていたら,
吸引器のパーツがないことに気づきました。

吸引器の,ボトルと本体を中継するミニホースがない!!


きっと,洗うために取り外した時に取れてしまったのでしょう。
でも,いくら探しても見つからず・・・。

このままでは外出できないし,車の点検にも出せない。


仕方がないので,家にあるホースを組み合わせて修理(?)。
tれえshjれ

ピンクのホース部分がなくなってしまった部分です。

まあ,このピンクのままでも普通に使えるからいいけども・・・
本体との接続部分が純正ではない,というのは何となく不安かも(汗)

長い方のホースなら,別に不安にはならないんですけどね~・・・。


でも,パーツが見つからないのでしばらくこのまま使うことになりそうです

遊びに行って,遊びに来てくれました

午前中,お友達の新居へ。

新築の,とても素敵なつくりのおうち
リビングに面した土間が広いので,COTOはストレッチャーのまま土間で過ごさせてもらいました。

生まれて間もない赤ちゃんネコちゃんがいて,
お姉ちゃんはミルクをあげたり抱っこしたり。

母さんもミルクをあげようと哺乳瓶を口にもっていったんですが,
飲んでくれません。

それ以前に,プルプル震えてしまっていたネコちゃん。
きっと,母さんが怖かったんですね


楽しい時間になりました。
もっと話したかったけど(笑)

COTOのお友達は寝ていて会えなかったのが残念。

次は会えるかな。
また行かせてね。


夕方は,同じSMAのお友達,UTAちゃんが
遊びに出かけたついでに寄ってくれました。

久々の再会。
gtれrt5gt
(奥にCOTOいますが・・・わかりにく~い,笑)


普段なかなか会えない分,少しの時間では話し足りず・・・。
また次回会えるのを楽しみにしています

声の出し方が変わってました

講演で他の人の話を聞く際,しゃべりすぎてあまりにうるさかったCOTO。

「おかーさん。おかーさん。おかーさん。おかーさん。」
なあに?と返事をすると,
「あのさー。えっとねー。あのねー。うんとさー・・・・わすれちゃった」

この繰り返し

さらには歌までも歌いだす。


「しーっ」「静かに」と言ってもできないCOTO。
(年少さんなんだから,そろそろそれも出来るようにしていかなくちゃ,と思っているのですが,なかなかできないんですよね・・・)

かくなる上は・・・と,
母さん,鼻をつまんでやりました。


COTOは,鼻から声を出しており,鼻をつまむと声が出なくなるのです。


・・・いや,出なくなるはずでした。


ところが,出ちゃったのです。


あれ?おかしいな,と思い,
今度は口をつまんでやりました。


すると,声が出ない。


あれ?
口から声を出すようになってる???


普通のことなんですけどね。
COTOにとっては普通じゃなかったもので・・・(苦笑)


きっと,シャボン玉など口から息を出す練習をしたことで,
口から声を出すようになったんじゃないかな~と思います。

お名前言えたよ

母さん,講演を頼まれました。

きっかけは,小児科を受診した時,K先生からの軽~い感じのお誘い。

「お母さん,COTOちゃんのことで,言いたいことない?」

つい,
「・・・誰に対して,どんなことで・・・・ですか?」
と聞いちゃうようなアバウトな質問だったのですが,どうやら20分話をして欲しい,という内容でした。

OKはしたものの,結局どんな内容を話せばいいのかよく分からないまま本番が近づき,
なんとな~くではありますが,COTOの紹介を中心に話をしよう,と決めました。


前夜に慌ててパワーポイント資料を作り,(だって2日前にパワーポイント使えるよって言われたんだもん
原稿も書き上がらないまま本番へ(汗)

人が入る前の会場です。
hj,j

COTOも一緒に行きました。
(お姉ちゃんとNONはばあちゃんに頼みました。)

母さんが話す前に,何人かのお話を一緒に聞いていたのですが,
飽きて「おかーさん。おかーさん。」としゃべり続けるのは想像通り(汗)

何度「しーっ」と言ったことか・・・。
数列前の人にまで聞こえていたようで,COTOのことを知っている人にはクスクス笑っていただきましたが,
それでも皆さんにご迷惑をかけちゃいました

さらに,休憩時オムツ換えのために会場を一旦出ると,
COTOは帰ると思ったらしく,
「ばいばーい。」「またねー」

「帰らないよ」と再び会場に戻ると,
今度は「おうちかえる」を繰り返すCOTO・・・。


まぁ,4歳児には難しいお話だったからね。
退屈させちゃってごめんね


さて,母さんのお話の時には,COTOにも壇上に上がってもらいました。

事前に「お名前を言おうね」と言っておいたのですが,
本番でもマイクを向けるとちゃんとお名前を言うことができました。
早口でしたが(笑)


母さんも,20分間,とりあえず話をすることができました。
(いや,21分かかちゃったな・・・。時間が押していたのに,COTOの出入りの時間を加えるとさらにかかっており,それは申し訳なかったなぁと反省してます)


話の内容は,COTOの紹介。COTOの在宅・通園での様子。
話をさせてもらってよかったな,と感じたのは,
話をする前と後で,COTOに対するまわりの反応が変わった時です。

COTOのことを「知ってもらう」ことの大切さを
改めて感じました。


K先生から割と適当すぎる感じの依頼で(笑)ドタバタではありましたが,
お話する機会をいただけて,感謝☆です。

映画

COTO,初映画館へ行ってきました。

今年夏のアンパンマン映画は,映画館に連れていってあげよう!と密かに思っていた母さん。
気づいたらアンパンマン映画は公開しており,
さらにもうすぐ幼稚園の夏休みが始まってしまう・・・。

COTOを連れて行くには,できるだけ空いている時を狙わないと・・・
というわけで,
夏休み前,平日レディースディの朝一ショーという,
お客さんが少なそうな時を狙って行ってきました。

htれだがr」

狙いはバッチリ!?
COTOと母さんを含めて全部で4組での上映。

これだけ空いていれば,迷惑をかけるかも,と心配する母さんの気持ちは,随分楽になります


シアターには車椅子席も用意されていますが,2席分のスペースのためストレッチャーにはちと厳しい。

そこで,スタッフの方とも相談して,横の通路で鑑賞させてもらうことにしました。
入口一つの小さめのシアター。
奥側の通路は誰も通らず,ストレッチャーを止めていても邪魔にならずに済んでよかった。
これも,空いているからこそ,です。
ちなみに,母さんはアラームが鳴らないように・・・とストレッチャー側で待機。
つまり,通路に座って見るという行儀の悪さ・・・
体育座りで映画を観るのは初めてでした(苦笑)


肝心の映画自体は,COTOはとても楽しんでくれたようです
実は,母さんは連日の寝不足もありちょっとウトウトしてしまったのですが,
我に返りCOTOの顔を確認したら,とてもパッチリ真剣に見入っていました。
COTOの方が偉いじゃ~ん。

ただし,バナナ島のお話以上に,もう一つの手あそび歌のお話が気に入ったようではありますが・・・(苦笑)


初めての映画,楽しんでもらえて母さんは嬉しいです。

おまけでもらったバナナのキーホルダーにも喜んでいました。
えれsれhrつぇ


夕方,保育園から帰ったお姉ちゃんに,目ざとくこのバナナを見つけられ,
「COTOだけずる~い!」
と思い切り羨ましがられていたCOTOです

お姉ちゃんのサマチャレ

お姉ちゃんの保育園で,年長さんの一大イベント,サマーチャレンジがありました。

このサマーチャレンジ,昼間山に登り,夕方からキャンプファイヤーというものなのですが,
実施日だった先週,途中から雨が降ってしまい,
山には登ったもののキャンプファイヤーは後日,ということになっていました。

で,待ちに待ったそのキャンプファイヤーが行われました。

せっかくなのでCOTOも連れて行きたいので,
父ちゃんには無理言って仕事を早く切り上げて帰ってきてもらいました。
(といっても,帰ってきてもらったのは6時過ぎですけど)
おかげで,家族5人全員参加です

ファイヤーに火が入ると,それらしい雰囲気に。
bfdが

お姉ちゃんたち年長さんの興奮も最高潮です。

COTOも,そんな様子にニマニマ・・・。


手持ち花火で遊ぶ時には,
COTOもちゃっかり参加させてもらっちゃいました。
jふjyhgtdrgs
(父ちゃんと一緒に持ってます)


お姉ちゃんだけでなく,COTOも(NONも!?あまり分かっていませんが,笑)楽しむことができ,
とってもオトクなイベントでした

:;じゅhglき

三連休,満喫

三連休です。
でも,家族でお出かけの予定はありません(涙)

それでも,割と楽しんでいますよ~。

一日目。
昼間はプール。
gfdghds

COTOも,父ちゃんが遊びから帰るのを待って入りました

今年は,おうちプールも嫌がらず
むしろ,「こっちゃんも入る~」と催促するくらいのやる気。
成長,成長

夜は,ばあちゃんのお誕生日会を開きました。
ばあちゃん,おめでととう~
0歳の従姉妹も来てくれて,嬉しいCOTOです。


二日目。
母さん,一人でランチにお出かけ。
子どもたちは父ちゃんと一緒に留守番してもらいました。

その間に,やっぱりプールに入っていた子どもたち。
でも,父ちゃん一人では入れられないので,COTOには我慢してもらいました。

COTO,ごめんね・・・。

夜は,お友達家族を招いてのバーベキュー。

COTOも一緒にウッドデッキで楽しみました。

最後に花火も。
今年,初花火
100均のそれもひと袋ですが・・・(苦笑)

COTOは,昨年と同じ方法で楽しみました

ちなみに,母さんのランチはペルー料理。
htgrdtがえs

思った以上に美味しかったですよ~

三日目。

隣の市の遊び場へ。
父ちゃんが仕事に行ったので,ばあちゃんに応援を頼んで子どもたち3人,遊びに行きました。

COTOがそこに本格的に遊びに行ったのは初めてでしたが,
スタッフさんたちも優しく,COTOも楽しむことができました。


チマ・チョゴリを着て
hfであえあ
「かわい~」とニマニマしたり,

お弁当を作っておままごとしたり,
jryたw3y

他にもいろいろ楽しめました。

お姉ちゃんやNONはこんなこともでき,大興奮。
jythtrhsw


COTO,得意の「おもしろかった~」連発です


楽しい3連休になったかな。

ひさびさ

昨日の日記から,久々に問題です。
hgfshtrss

なーんだ?(笑)








正解は・・・・


「トランポリン」でした~。



ちなみに,この日記全文はこちら。
hfsagera


「トらこりんやったよきゅうしょくパンおいしかったおふろおおきいうれしい

COTOの言っていることが分からない時の確かめとしての使い方以外に,
最近はこうして日記を書く練習をしています。

えーと,
このブログを読んでくださっている方々によく
「COTOちゃんすごーい。あんなに文章も書けて」と言われることがあります
どうも誤解をさせているようなので,
改めて説明させていただきます。



確かに,上の文はCOTOの操作で入力してくれているのですが,
まず,部分部分で登録された言葉を使っています。

レッツチャットには元々,たくさんの言葉が登録されており,
うれしい」もその一つです。
言葉が登録されている枠を選ぶだけで,「うれしい」と画面に入力されます。

さらに,レッツチャットには新しい言葉を登録できるようになっており,
そこにはCOTOが普段使いたい言葉が母さんによってあらかじめ登録されています。

上の日記の
「やったよ」「きゅうしょく」「おいしかった」
がそうです。


つまり,日記文のうち,色のついている部分は言葉を呼び出しているわけで,
COTOが一文字ずつ打ったわけではありません。


ただ,レッツチャットに登録できる言葉の数には限界があり,必要な言葉すべてを登録できるわけではありません。
なので,登録されていない言葉を打ちたいときだけ,
COTOは一文字ずつ入力することになります。

色のついていない黒字
「トらこりん」「パン」「おふろ」「おおきい」がそれにあたります。



以前は一文字ずつ打つのにかなり時間がかかったり,母さんから「次は「ら」だよ・・・」などの指示が必要でしたが,
だんだんと一文字ずつ入力することにそれほど抵抗をもたないようになってくれました。
(気分がのっている時限定ですが)



次に,書いている内容ですが,母さんからの声かけあってこそ,ということがほとんどです。

母さんが「今日トランポリンやったね~」と言うと,
「トらこりん」「やったよ」と入力するCOTO。

母さんが「今日何が面白かった?」と聞くと,「きゅうしょく」とCOTO。
母さん「給食何がおいしかったの?」と聞くと,「パン」「おいしかった」とCOTO。


こうして,母さんの誘導尋問による日記が出来上がるわけです(笑)


なので,COTOが一人でスラスラと書いているわけではありませんよ~


それに,これだけの声かけで文が書けるようになったのも割と最近。
少し前までは,もう少し丁寧に声かけしていました。
やっぱり,訓練は必要ですね・・・。



今は質問に答える形で意思伝達する手段として使っているレッツチャット。
これだけでもとてもありがたく重要な使い方ですが,
さらに自分から言いたいことをスラスラと伝達できるようになるべく,
少しずつ練習をしていきたいと思っています。
(気長に頑張ります~)

お風呂を広く

COTOのお風呂に使っているプラ舟ですが,
COTOの成長に伴い,手狭になってきてしまいました。

ヘルパーさんからは1年以上前から
「もう小さくなっちゃったね」「次のこと考えないとね」
と言われてきましたが,のらりくらりの返事をしてごまかしてきた母さん

それでも,COTOのひざが壁についてしまいそうになってきてしまったために,
やっと新しく大きなものを購入しました。 


「プラ舟100」です。
gfんd
右がこれまで使ってきたもの,左が新しく購入したもの。
縦に20センチ,横に10センチほど大きくなりました。


お風呂場には,これまでと同じ方法で・・・
くyりつえwtsw
一応収まりました。


ヘルパーさんや母さんが入るスペースが狭くなり,ちょっとギリギリな感じもありますが,
j,ひゅtれrhsf
まぁそのうち慣れるでしょう


さて,
新しい浴槽で入浴したCOTO。
久しぶりに足が伸ばせることに気づき,
楽しそうに足を動かしていました


もっと早く広くしてあげればよかったな,と今更ながら思う母・・・COTOごめん・・・


これでしばらくは,お風呂については問題なさそうです

あゝダメ母さん

どうも最近調子が上がってこない母さん。

寝不足や疲れのせいか,いろんな場面でボーっとしてしまうことがあります。

そういうときは,ミスをしやすいもの・・・。



はい,母さん,ミスばっかりです・・・


主なミスは薬の投与。

先日は,NONの薬を間違えてCOTOに入れてしまいました。
これは,入れた途端にハッとして,胃ろうから押し込んだ薬を,シリンジを引いてついつい戻してしまいました

その2~3日後,薬を飲ませ忘れる痛恨のミス。
結核治療で一番求められるのは,「薬を忘れずに飲むこと」
それができなかった・・・

そしてまた数日後。
NONに薬を飲ませた後,COTOの薬の用意をし,その薬をついついNONに飲ませてしまったのです!!
入れた途端ハッとして,NONに(口から)出して!と言ったんだけど,NONは全くきょとんとした顔。(当たり前)


今のところ大丈夫そうなNONですが,
NONに飲ませてしまったCOTOの薬は,2種類。
そのうちひとつが,NONも飲んでいるイスコチン。
つまり,NONは規定の量の2倍以上,イスコチンを飲ませてしまったようです。

今のところ元気なNON。
きっと大丈夫・・・いや・・・たぶん・・・大丈夫

病院へ

小児科受診でした。

実は,COTOは少し前から別の病名がついており,薬を飲んでいます。

その病名は,
「潜在性結核感染症」

数ヶ月前,数日にわたってある人と長時間接触があり,
その人は後に結核患者として入院しました。

その人に症状が出始めた頃から長時間接触があった私たち家族は
「濃厚接触者」
となり,結核感染疑いの検査対象者になりました。


大人はクォンティフェロン検査という血液検査で,感染しているかどうかはっきり分かるのですが,
(父ちゃんと母さんは検査の結果大丈夫でした)
子どもはクォンティフェロン検査で正しく結果が出ないこともあるらしく・・・。

そこで,子どもの場合はツベルクリン反応で検査するそうなのですが,
赤ちゃんの時にBCGを打っている子どもたちは,どうしたって反応が出てしまい,
結局はっきりとは分からないようなのです。

そんなこんなでCOTOとNONは結局,
クォンティフェロン(採血),ツベルクリン反応,レントゲン,血液検査,CT,痰(胃液)採取×3回
と割とフルコースな検査を数日にわたって受けた結果・・・

「(感染しているかどうか)分からない」
という結論になりました。
(だったら検査頑張った意味あるのか!?と思ってしまうくらいですが


ただ,絶対大丈夫とはいえない以上,
感染しているものとして考え,予防投薬した方がいいだろう,と指示を受けました。

感染してから6ヶ月間が発症のリスクが高いらしく,
発症を避けるためにあらかじめ結核用の抗生剤を内服し続けるのだそうです。

そこでつく病名が,
先ほどの「潜在性結核感染症」なのだとか。
これにより,予防投薬が保険適用になるのだそうです。

要は,感染してるけど発症はしていない人に薬を処方するための病名って感じ?
(勝手に解釈しすぎかしら?)


へー。へー。へー。(古いって!?)


というわけで,
「イスコチン」という抗生剤を,ビタミン剤と一緒に飲み続けているCOTOとNON。
(お姉ちゃんは,ツベルクリン反応だけでセーフという判断が出ました。そのあたりの違いがよく分からん・・・)

病名がついている2人は,
毎月病院診察を受ける必要があり,
今回の受診もそのためだったのです。
そしてさらに,毎月の定期受診も一緒にやってもらうことにしたのです。

はー。長い前書きだった・・・。


結構な大雨でしたが,
今回からヘルパーさんが同行してもらえるようになった(市からOKが出た)ため,
困ることなく受診してくることができました。
本当に助かります。


今回NONがちょうど受診の直前に発熱&全身に蕁麻疹が出てしまいました。
それに関しての薬も出してもらうことができ,ラッキーでした。
薬を飲んだ数十分後,蕁麻疹の方はスーッと落ち着いてくれたので,安心です。
(タイミングがずれていたら,病院に連れて行ってあげることができたかどうか・・・)

プール・改

今度はプールの写真も撮れました。
ytrrjfgt

いや,正確には撮ってもらいました♪


今回は,中くらいのビニールプールがあいていたので,
そこに入らせてもらいました。

そのときにはCOTO以外に誰も入っていなかったので,
今回は水しぶきの心配もなく,落ち着いて入ることができました。

母さんのおしりが濡れる件は,
濡れるのは必至と諦めて,下に水着を着ることにしました。
これで心おきなくしゃがんでおしりもぬらせます


今回は,頭の部分に普段お風呂で使っている,100均エアー枕を敷き,
さらに板状のヘルパー二つを敷いて頭を浮かせました。
割といい感じ


家から持ってくる荷物も少なくてすむし,助かります


今回は水が冷たかったのと,ビニールプールを独占してしまったこともあったので,
5分ほどで水からあがりました。

それでもCOTOは満足してくれた様子。


また入ろうね

雨・・・

本日の天気・雨。

通園施設へ向かう頃にはしっかり雨が降っていて,
向かっているうちに雨はどんどん強くなってしまいました。

到着した頃は,結構な降り。
COTOはともかく,機械を濡らしてしまいそう・・・。
そう,通園施設では車から建物に入るまでに,一度屋根のないところを通らなければいけないのです。

小雨ならばビニール袋をかぶせて移動するのですが,
これだけ大雨となると・・・

と,本日の登園は諦めました。
建物の目の前まで行って,「お休み」連絡をするって・・・(苦笑)


で,COTOにお休みのことを伝えると・・・
んgfgsdfmhy
車の中で泣いちゃいました

行きたかったよね・・・ごめんね・・・。


罪滅ぼしに,その足で立体駐車場のあるお店へ。

jyhtrgtes

立体駐車場は,外がどれだけ激しい雨が降っていても
COTOを乗せ降ろしすることができるので,本当に助かります~。
(病院にもあると本当に助かるのになぁ~)

しばらくの間お店を見て回り,
mhygser
パンだけ買って帰りました。


COTOお得意の「おもしろかったー」が出たので,
通園お休みは帳消しになったかな。

プール

「今年はプールに入る」
という目標を,母さんは勝手に決めていました。

昨年・一昨年とCOTOは家でプールに入った際泣いてしまい,
その後通園でプールに入ろうかと言うと
「やめとく」
と言って拒否。

今年は,家でのプールはまだ入らず,
一度水着を着てその気にさせ,
あとは「プールが楽しみ」と言い聞かせて準備してきました(笑)


通園施設のプール開きは先週でしたが,
欠席や天気などの理由で,先週は一度も入らず。
そしてようやく,プール日和の暑い日に登園。

COTOは「プールだプールだー♪」とやる気。
うんうん,準備が生きたようだ♪
hjgた


通園のプールは,保育園にもあるような大きめプールと,
ビニールプールを大小二つ用意してくれてあります。

水深は笑っちゃうほど低く,20センチくらい?
どうも月曜日は水深が低めらしいです・・・。



とりあえずビニールプールに入ろうかと思ったのですが,
残念ながらビニールプールは他の子が使っていて満杯。

大きめプールは,他の子が数人入ってもまだ隅っこにスペースがあるくらいの大きさはあるのですが,
プールに入るために壁(80センチくらい?)をまたがなければいけない・・・。

基本的には母さん一人で何とかしなければいけないので,
あまり危ない橋は渡りたくないのですが・・・うーん・・・。

迷いましたが,
とりあえずやってみよう,という母さんのテキトーな決心で
大きいプールに入ることに。


方法は,お風呂と一緒。
母さんの左手はCOTOの頭を支え,右手はアンビューをもむ。

抱っこしてプールに入れてからアンビューを渡してもらったり,
持続吸引のチューブを引っ張ってきてもらったり,
要所要所で担任の先生に声をかけ,手伝ってもらいました。

それでも,基本母さん一人なので必死。
水しぶきが首元にかからないように自分の体をくねらせてガードしたり,
アンビューが取れるたびにあわててさし直したり,
プルプルしながらかがんでいたら,おしりを水につけてしまって服だったのにおしりがびしょびしょ(笑)

そんな母さんに介助されながら,
COTOはどうやらご機嫌な様子。

泣くどころか
「おもしろかったー」の連発。

「つめたかった」「きもちよかった」そうです。


楽しんでいただけたのなら結構。
母さんも頑張った甲斐がありました。

でも,次回からどうするかなー。
方法をもう少し考えたほうがよさそうです。

06 | 2012/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。