スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リミットスイッチの固定

COTOが使用しているリミットスイッチの固定について話が出たので,
ちょっと説明。

現在COTOは,リミットスイッチをお借りして使っています。
(他に,PPSスイッチも使用中)

リミットスイッチは,
COTOの場合わずかに動く手の親指を使って操作。

この動きがとにかくわずかなため,
スイッチは「ココ!」というピンポイントに設置しなくてはならず,
母さんもしばらくその設置方法に頭を悩ませました。

どうやら,
この設置方法に困っている母が他にもいるとのこと。
(少なくとも,これまでに3人は聞きました)


で,我が家の場合のやり方はこれ。(以前も少し紹介しましたが)

jytghjsrgs


クーラントホース・どっちもクリップのクリップ部分,網戸クリップ
を組み合わせて作った固定アームです。

@poiuogyu

微妙な角度調整ができるため,
スイッチの設置にかかる時間はほんのわずか。
[@[poojpip


この設置の簡単さは,
介助者である母さんだけでなくCOTO本人にとっても,
ストレスを減らす大きな要因です。


この方法はCOTOにとってはよい方法のようです。
スポンサーサイト

運動会

COTOの通園施設の運動会でした。
kghjdgfghdf

クラスお揃いのTシャツを着て臨みます
jgffsdsg


出場種目では,母さんから離れ先生と一緒にがんばりました。
hfらf  gfdhggs
自分の名前も皆の前でちゃんと言えたね。

借り物競争で引き当てたのは,ヒヨコのかぶりもの。

hftgっふぁ

どう??(笑)



ただ・・・

今回,父ちゃんが仕事だったために来られず,
おかげで母さんはNONのお世話にばかり気を取られ,COTOに構ってあげることがほとんどできませんでした。

反省です・・・ごめんね

歯医者

定期の歯科医受診。

娘3人一緒です。

お姉ちゃんは,以前から軽い虫歯があったのですが,
来月就学時検診があるため,
その対策(笑)として穴を埋めてもらいました。

NONは,大泣きしながら歯磨き,フッ素塗布を頑張りました。


・・・で,COTO。

以前から気になっていた歯のガタつき。

レントゲンを撮ってもらった結果,下から大人の歯が来ていて
乳歯の根っこも随分短くなっているとのこと。

放っておいたらまだ抜けないかな~というところですが・・・。
いつ抜けるか分からない恐怖が嫌だったので,
母さんの判断で抜いてもらうことにしました。
それも2本。

(COTOの場合,歯が知らぬ間に抜けて口の中に落ちてしまったら大変なことになりますから・・・)


麻酔をして抜いてもらったので,痛くはなかったよう。
hfdが

眉間にシワすら寄せず,涼しい顔で処置してもらいました。


めでたく歯抜けに~。
htrdgf
(写真,わかりにくい・・・

初歯抜け,おめでとう~。


しばらく止血できずに,血のよだれでした。


さてさて。

2本抜いたものの,
実はその両隣の2本も少し怪しい感じ。
きっと近いうちにガタつくことになりそうです。

乳歯がすべて抜ける(抜く)までは,
ヒヤヒヤの日々が続きそうです。

無謀!?

行ってきました
,mhgdsf

そう,ディズニーランド


今回は,母さん,お姉ちゃん,COTOの3人,新幹線を利用しての日帰り旅です。
yjghjdg


以前から願望はあったものの,行くことを決めたのは数日前。


先日行ったキッザニア日帰り旅で自信がついたこと。
お姉ちゃんが来年から小学生になり,平日に行けるのは今年度だけだということ。
今年度中に行くとしたら,気候を考えると今だということ。
リロのランチショーや新幹線の多目的室予約が取れたこと。
そして何より,父ちゃんが快く許してくれたこと。(NONを連れて行かないことも含めて)


いろんなことが重なり,急ですが3人で行ってまいりましたっ。


行くと決めてから人に話す度に,
「大丈夫?」「無理じゃない?」「本当に行くの?」
と心配されてばかり。

あまりに言われるので,
「もしかして,無謀なのか!?」
と前日になって弱気になる母さん(苦笑)


でもね。
勝算(?笑)がなかったわけではありません。



普段の母さんと娘3人で出かけることに比べれば,
上2人だけの今回は,負担が半分以下。(NONが一番手がかかりますから~)


また,慣れない電車移動については,
前回(キッザニア)の経験から
(車椅子のため)駅員さんからのサポートがあって安心だということが分かっていました。
下手に母さん一人で行くよりも安心だったりして(笑)
それも,今回はずっとJR。駅員さんのサポートが途切れることはありません。




そして,行き先がディズニーランドだということ。
TDRキャストの質の高さは定評があるし,何といっても日本一障害者に優しい遊び場。
その点での安心感が違います。


そんな理由から「大丈夫,大丈夫」と結局それほど身構えていなかった母さん。


結果・・・行って大正解!
とっても素敵なお出かけになりました。

;hjdhgdg


長くなったので,とりあえずこんなところで・・・。

突貫工事

COTOのストレッチャーには日よけがついていません。

以前,バギーの日よけをつけられるようにしたのですが(「ストレッチャーにも」),
COTOの背が高くなったことで,装着できなくなっていました。


おでかけを前日に控え,
やはり日よけもつけなくては!と
急遽取り付けられるようにプチ改造。


・・・といっても,本当に急遽なので,
家にあった材料でどうにかこうにか対応したので,
見た目はほら
hgfmhgjd
あんまりな感じ・・・。


それでも,ご覧の通り。
kjkhgjdgh
一応役目は果たしてくれます(苦笑)


日除けがあるとないとでは,外での過ごしやすさが随分違います。


とりあえず,見た目よりも機能性ということで・・・。

おまつりへ

隣の市のおまつりでパレードがあったので,行ってきました。
jgfdlaskd;

身障者スペースが抽選で当たり,最前列。
ラッキー♫
hgmhdgfbfs


途中,こーんな方がCOTOに挨拶してくれ,
hfdfs

当然・・・

yhhydsf
(泣)


怖かったらしいです(笑)

お父さん大好き

お父さんがお仕事だったので,
母さんと子どもたちでイオンへお買い物。

お姉ちゃんがNONのベビーカーを押してくれるので助かります。


夜のレッツチャットより。

hgfdgfsd

「・・・ぱんかたよくっおとうさんかえきはみがきおとうさんべとおとうさん」



「(イオンに行ったことが書いてある)
 ・・・パン買ったよ靴(買ったよ)
 お父さん帰ってきた
 はみがき(してもらうのは)お父さん
 ベッド(連れて行ってもらうのは)お父さん」

お父さん,COTOに愛されてるね~。


はみがき,母さんがやってもいい?
と聞いたら,
「ダメ」
ですって(涙)

新☆パワースマイル

COTOのパワースマイルが修理から戻ってきました。
fhsdgsf

修理といっても,故障したわけではありません。

上蓋を新型のものに変えたくて,
その修理(・・・交換?)に出していました。

旧型の蓋は,ツメの部分がとても割れやすく,
これまでに何個交換したか分かりません。
その蓋代だけで,パワースマイルもう一台は確実に買えますね・・・(涙)


新型(といっても,もう数年前に出ていますが)の蓋はその点が改良されており,
ずっと「あっちの蓋がいいな~」と思っていた母さん。

すると,お友達から
「その部分だけ修理できる」
との情報をもらい,さっそく修理してもらったのです。


変わったのは,青いプラスチック部分の前部分だけ。
ほんの一部です。
gdふぁf
左が新しくなったもの,右が古いもの。

(↑我が家には,自費で買ったパワースマイルが2台あり,1台のみ修理に出したので・・・)


それだけの交換ですが,お値段8211円・・・。

安いとは言えませんね(汗)


まぁそれでも,
今回修理した方は普段使いしていない方で,モーターの調子も(多分)いいし,
今後蓋が割る恐怖と戦いながらの使用がなくなるのなら,
と母さん自分を納得させています。

町内スポーツまつり etc..

町内会のスポーツまつりがありました。

町内には神社等がなく,そういったおまつりがありません。
代わりに,みんなで気軽に集まりましょう,といった
ゆる~い感じのスポーツまつり(運動会?)が3年前から始まりました。

このスポーツまつり,本当にゆるい。
;kllgkjg

かけっこ,パン食い競争,玉入れ・・・。
どの競技も,その場でCOTOも「やっていい?」と言えば参加できてしまうくらい。
mbvんxv」

なので,COTOもかけっことパン食い(取り)競争に参加してきました

まあ,競争っていっても,みんな誰とも競っておらず。
とりあえず参加したら参加賞のお菓子又はパンをもらいに並びます。

おかげで参加賞がこんなに沢山。
:p;hjlほh

スポーツ(にすらなっていないけれど)やりに行っているのか,
参加賞もらいに行っているのか分からないこのスポーツまつり。
COTOには大変ありがたいイベントなのです(笑)


さらに,地域のお祭りも日程がかぶっていたため,
スポーツまつりのその足で行ってきました。

こちらは地域の模擬店が集まった感じのお祭り。
うどんと唐揚げを食べに行ったようなもの!?
おみやげに,りんご飴も買ってきました。

jkl;・lhkl


さらに夜はお友達のお誕生日会。

いつもの仲間が集まり,いつものように楽しみました。
美味しいケーキ(友人作)もいつもどおり。
jkl。・jlk;

イベントいっぱいの秋です。

散髪

髪の毛が伸ばしっぱなしだったCOTO。

結構長くなってました。
hgffdfさ


感染症疑いのため,ぽっかりあいた木曜日。


髪の毛をカットしてみました。

jhgdfhgdf

随分切ったけど,
あんまり違いがわからない(苦笑)

現に,ヘルパーさんは言うまで気づいてくれませんでした~。



しばっちゃうと,もっとわからないね(笑)

受診

COTOの体調が微妙・・・。

夜中にHRが高いことでアラームがなり,体も熱い。
でも朝になると熱もHRも割と下がっている。

そんな夜が2晩続き,HRが高め。
・・・・ということで,念のために小児科受診。


そして,採血。



まぁ・・・・予想通り?


CRP6.9。


しかし今回の医師は(受診するたびに違う医師になります,苦笑)
「入院か家に帰るか,どっちでもいいよ」と。

いつも入院を勧められてきた母さんには新鮮な指示でした(笑)


で,当然ながら(?),帰宅を選択。
週の途中ですし,入院してしまったら家がまわらなくなりますから・・・。
(何よりも,COTOが元気だったし)

帰宅前に抗生剤(セフィローム)の点滴を入れてもらい,
血液培養と痰培養(取れずに鼻水になってしまいましたが)を取ってもらって帰宅。


その後,抗生剤が効いたのか,
いつもどおりの元気なCOTOになりました。



今回ちょっと驚いたのが,COTOが自分で「いたい」「あたま」と教えてくれたこと。

確認のために,体の他の部位が痛いか聞きましたが,
他の部分は「いたくない」とのこと。

そして,病院から帰宅後,昼寝から覚めて脈が落ち着いたのを確認してから
「痛いところある?」
と聞くと,

「いたくない」
と答えました。


体の状態と言っていることが一致しているから,
これは信用してあげてもいいかな?
(↑なかなか信用してあげない酷い母親・・・苦笑)


ただ,頭が痛いという前はずっと右足が痛いと言っていて,
それがイマイチ分かりませんが,
もしかしてそれは,体の節々が痛かったのかもしれないな,と好意的に受け止めることにします。

キネクト体験

新幹線を利用し,
キッザニアへ,
何をしに行ったかというと・・・
(やっと本題が書ける・・・笑)

DO-IT Japanの「重度肢体不自由・重複障害のある子どものための ICT 活動体験プログラム
というものに参加してきました。


OAK」という,
キネクトを使った新しいシステムを体験させてくれる会です。


母さんも,行くまでどんなものなのかよく分からなかったのですが,
どうやら新しいスイッチのシステムなようです。

Kinect for Windowsという
fdgfsだ
人の動きを感知してくれるシステムを利用して,
人のわずかな動きを拾ってスイッチ入力に変換するというもの。


普通のスイッチというと,
押す,引っ張る,など「物を動かす」ことで入力できるわけですが,
このOAKというシステムでは
うつされている本人は何も物を動かすことなく,カメラ(センサー)にうつしてもらうだけで
入力できてしまうのです。

サイトの添付資料のように,
「エアスイッチ」「フェイススイッチ」「モーションヒストリー」
と複数の種類があり,いろいろ試させてもらいました。

COTOのモーションヒストリー
hgfrだdさs
 始めは真っ白な右画面が,動きを感知して動いた部分が色で現れてきます。
 COTOは目や手の指がよく動くので,その部分だけ赤く濃くなっていきました。

COTOのフェイススイッチ
 ・・・は,顔を感知してもらえず断念。
 (COTOの場合は横向きでストレッチャーに乗っていたことで,検知しづらいようです)

COTOのエアスイッチ
hfrふぁdsd

 ものすごく分かりにくい画像ですが,
 左画面上で,COTOの右親指部分に架空のスイッチを設定(緑の■)することで,
 COTOが右親指を動かす度に,スイッチ入力ができました。
 カメラを横向きで使用しています。


技術の進歩ってすごい・・・。
COTOがどうとかというより,母さんは新しい技術,という部分でとにかく関心してしまいました。


COTOの場合は普段からスイッチを使っているため,
この因果関係を理解するのに時間はかかりませんでした。

ただ,スイッチの因果関係を理解していない子が使うためには,
ある程度の支援と時間が必要かもしれません。
(どのスイッチにも言えることですが)


また,今あるスイッチを使えているCOTOにとって,
どうしてもこれが必要かというと,現時点ではそうではないかもしれません。
でも,今あるスイッチではうまく入力できない子(人)が,
このシステムだったら使うことができるかもしれない・・・。


新しい技術がまた一つ開発されたことは,
重度障害をもつ人たちにとってとてもありがたいこと。


これからも,
こういった新しい技術が開発されていってくれるといいなぁと思います。

鉄道の旅について

新幹線で東京へ。
目的地は,キッザニア。


新幹線で東京に着いたあと,山手線で有楽町へ。有楽町から有楽町線で豊洲へ。(豊洲からは徒歩8分)
という工程でした。


普段,車移動ばかりで鉄道に乗り慣れていない母さん。
それに加えて大都会・東京での移動。
しかも,COTOを連れて・・・・。

正直,不安はいっぱいでした。
だから,できる限りの準備はしたつもりでした。


で,その鉄道の旅はうまくいったかというと・・・
大失敗の連続(苦笑)


駅員さん置き去り事件。
駅を目の前にしてたどり着けない事件。
吸引器のバッテリーなくなっちゃったよ事件。


とにかく言えるのは,車椅子(ストレッチャー)での移動は,簡単ではないということ。


「たどり着けない事件」をかいつまんでお話すると・・・。

JR有楽町駅で改札を出たあと,有楽町線の駅(地下鉄)に行こうとして,
間違えて地下街に下りてしまいました。
地下街からつながっているのか?地上に戻った方がいいのか?
地図を探しても見当たらず,たまたま通りかかった掃除のおじさんに聞いたところ,
「あっちに行くと行けるよ」と親切に教えてくれました。

教えてもらった方向に地下街をしばらく進んでいったところ,
確かに有楽町線に接続していました。

・・・が。

階段・・・・(涙)


困ったところで父ちゃんが「車椅子マークが付いてる!」と案内表示を見つけ,
その矢印の方向へ行ってみると,そこはトイレ・・・


結局,来た道を戻って(割と距離があったんですよね・・・)地上に出て,
無事有楽町線の駅までたどり着きました。


車椅子での移動は,やっぱりそううまくはいかないものですね。
迷ってなくても,駅のエレベーターは大抵端っこに設置されているので,
駅内の移動だけでもかなり時間がかかることが分かりました。

移動の時間は余裕を持って設定したつもりでしたが,
それ以上に時間がかかってしまい,考えの甘さを痛感した母さんです。

おまけに,エレベーターも小さめのものが多く,
COTOのストレッチャーでギリギリ。
行く前に,ストレッチャーを小さくプチ改造しておいて本当によかった・・・。


あ,あと天気が雨で困りました。
それほどひどく降ってなかったので,なんとかなりましたが。



そんな中でも一番の失敗は・・・吸引器。


新幹線の中で吸引した後,電源を切り忘れたようです

キッザニア内で吸引しようと思ったら,電源がなくなりかけで庄がかからず・・・。
鼻水の吸引をしようとしたところだったので,
急を要するわけでなくよかった・・・。


近くのスタッフにお願いして吸引器を充電させてもらい,
何とかなりました。
(親切に対応してくださり,本当にありがたかったです・・・)



なんとも失敗ばかりの鉄道旅。

しっかり準備したつもりでも,ぜんっぜんダメな母さんでした。


東京駅にて。
新東京駅オープンの時期と重なり,かなり混雑していたため,
特別に地下通路を通してくださいました。
kyhjdhgd
レトロな雰囲気の地下通路,素敵でした・・・。

新幹線

COTO,新幹線に初挑戦!!
それも,始発
朝早く,COTOはいつもはぐっすり寝ている時間でしたが,
m,んjgfx
COTOの目はパッチリ

何日も前から楽しみにしていたものね


事前に多目的室を予約してあり,
改札口から駅員さんが誘導してくれて困ることなく車両に乗り込めました。

行き先は東京。
そして日帰り。

行きはN700系。
jdrhgfdj
多目的室が広く,扉は自動(ボタン操作)。快適でびっくりしました。


定員は2名なのですが,2席の他にもう一つパイプ椅子が用意されており,
お姉ちゃんが一緒でも全然狭くありませんでした。

ただ,なぜか電源が来ておらず。
コンセントはあるんです。使用の許可もいただき,発車時には電源がきていたのですが,
途中で気づいた時には電源がつかない。

そのまま東京に着いてしまいました。
下車する時,車掌さんに聞いてみたのですが,
「分からない。他で使っていて電圧が落ちてしまったのかも」
とのこと。

新幹線内での電源を当てにしつつも,なくても大丈夫なように用意していったので,
問題はありませんでしたが,そういうこともあるのだと勉強になりました。


帰りは700系。
hk,fhgdるd
こちらの方が狭い。

COTOのストレッチャーがギリギリ入るくらいで,
扉も手動。
いや,実は手動の方が使いやすかったりするんですけどね。全介助の我が家の場合(笑)
こちらもコンセントあります。
lkjjhfy
帰りはバッチリコンセントが使え,助かりました。


レッツチャットで「しんかんせん」「のたよ(乗ったよ)」「はやかた(速かった)」と入力しながら帰ってきました。
klj・;hjyf


新幹線に乗れたことで,今後の行動範囲がまた広がったような気がします♫
(といっても,なかなか乗らないとは思いますが・・・)


運動会

お姉ちゃんとNONが通う保育園の運動会がありました。

お姉ちゃんは保育園最後の運動会。それも年長さんはマーチングがあるため、母さんもとても楽しみにしていました。

もちろんCOTOも一緒です。
COTOを連れて行くにあたり、園側も二つ返事で了承し、さらに場所を確保してくださり、
いつもながら本当にありがたく思います。
(いろいろあって結果的に移動することになりましたが)
yt,mhjghhgf

さらに今年は張り切りました。
朝父ちゃんに場所取りに並んでもらい,COTOの前の場所を確保。
おかげで,COTOからの視界もバッチリ(後ろ半分は物陰で見えませんでしたが,半分見えればバッチリ!)



運動会ではお姉ちゃんもNONも頑張っていて、
我が子の成長を感じることができました。
gkmんjgfxc   jghmhgffs
左:お姉ちゃんのマーチング  右:歩いて退場するNON(ハートの方)ズボンのズリ落ち具合がおかしくって・・・(苦笑)


COTOも「がんばれー」と声を出して応援していて,楽しめたんじゃないかな?
hfdふぁあ


今年はパワーギガホンがあったおかげで、
屋外、それも賑やかな運動会の最中でもCOTOの声が聞こえたのもよかったなぁ。


気候も曇りが多くて風も心地よく,
とても過ごしやすかったのもラッキーでした。

プチ改造 その2

COTOのストレッチャーですが、もう少し手を加えました。

ネルコア(モニター)を見やすい位置に。

gthdesfa


以前お友だちが縦向きにしているのを見て、いいなぁと思っていたのですが、
機械(ネルコア)を縦向きにすることが大丈夫なのかを確かめていなかったために踏み切れずにおりました。

外出時のみならまだしも、1日の殆どをストレッチャー上で過ごすCOTOですから、1日中縦向きってことになっちゃいますからね…。


で、業者さんに確認してみたところ、背面部分のファンを塞がなければ、特に問題はないとのこと。

そこで、100均プラかごの一部をカットし、強度が心配なのでミニバッグに入れ、ストレッチャーに固定。
はい、正直超手抜きです(苦笑)

gfrnfdaga


でも、いい感じで使えてるからよしってことで(笑)

プチ改造

COTOのストレッチャーをプチ改造しました。
hgfrmhdjh

え?どこを改造したか分からないって?

ここですよ,ここ。
jkytgsれあz


え?これでも分からない?

そうなんです。
今日通園施設で「ここ改造したよ~」と言っても皆口を揃えて
「え?何が変わったかちっとも分からないけど」
ですって。


えーとですね,写真の赤い部分
hfsjhtgrj
ここを切り落としました。

フレーム部分から少しはみ出していたのが邪魔で邪魔で。
業者さんに作ってもらった時点で気になっていて,
それでも使っていれば慣れるかなーなんて思っていたのですが,結局ずっと気になり続け・・・。

使い始めて半年以上たった今,
あまりに気になったので,のこぎりで板をカット!!(父ちゃんが)
hrjんhfgr


長さにして6~7cm。
lkじゅg



皆が気づかないような,このたった6~7cmが,
普段COTOの世話をする母さんにとっては結構大きなことなのです。


下に入っているモニターの数字が見やすくなったし,
狭いところ(特にエレベーター)では数センチが大切だったりするし。


なので,
皆が気づいてくれなくっても,母さんとしては満足のプチ改造です(笑)

がんばった!

外科受診。

通園施設を少し早く切り上げて,その足で病院へ行きました。


外科の胃ろう交換で泣くことがなくなったCOTO。
病院へ向かう車の中でその話をしても,もうへっちゃらです。


診察室でも,ドクターに
「交換するよ。痛いと思うけど,平気かな?」
と言われ,
「へいきー」
と答える余裕ぶり。

交換の最中はさすがに我慢している顔で返事もできない様子でしたが,
最後まで泣くことなくがんばれました。



夕方。

便がたまってるかなー,と感じたので,
「浣腸しよっか?」「明日の朝にしてもいいよ」
と聞いたところ,みるみる涙目に・・・。

浣腸は,毎回どうしても泣いてしまうのです。
(2~3日に一回,浣腸しています)

泣き始めると声が出せないため,

「どうする?浣腸やめておいてもいいよ?今頑張るんだったら,目をぎゅっとして」
と言うと,目をぎゅっと閉じました。


嫌だけれど,やったほうが楽になるということが自分でも分かっているんですね・・・。


頑張ることを選択できた4歳児。

いっぱいいっぱい褒めてやりました


頑張ったがいっぱいの1日になったね。

心拍上昇

また医療ネタですが・・・

今度は心拍の上昇。

朝から何となくおかしいような気がして,
通園施設に行った頃には何となく元気がないような気がして,
何ども熱を測るけれども,平熱。
ただ,心拍が何となく高い。

午後から行った病院(外科)ではもう少し高くなってしまい,
時々150以上でアラームがなることも。


こりゃ,いよいよ発熱か?

と測ってみても,最高で37.5度。
COTOにとっては平熱の範囲内です。


判断に困る・・・


と思っていたら。

判明しました。原因が。


原因は,肺にこびりついた痰だったようです。


帰宅後,お風呂でアンビューを揉んでいたら,痰が上がってきた感触。
その痰は,カニューレの脇,気切孔から直接出てきました。

すると,アンビューの感触が軽くなったとともに,
COTOの顔色もいい顔色に


さらに上がってきた痰をカニューレ口から吸引したら,
とってもすっきりしたようです


心拍も,だんだん落ち着いてくれました。


痰で心拍が上がってくるなんて,久しぶりだなぁ・・・。


やっぱり,
季節の変わり目,台風の季節,ということで
体調管理が少し難しい今日この頃のようです。



あ,それと。

医療ネタついでにもう一つ。

ネルコア(パルスオキシメーター)のセンサーは
2週間に一本として支給していただいているのですが,
実際は母さんがケチケチ使っているので,大抵1ヶ月くらい同じものを使っています。

しかし。
今回,1日ともちませんでした。

前日に交換したばっかりだったのに,1日で急に読み取り不良に。


時々あるんだよなぁ~。こういうこと。

センサーによって,
寿命が短いものから長いものまで,様々。
使い方は一緒なはずなのに,この差はなんだろうなぁ~。

でも,ケチケチ使っていることでストックが作れている分,
こうして1日でダメになっても慌てずにすみます。

これからも,ケチケチ使おうっと(笑)

トビーを使って・・・

お勉強中・・・。
mhgsfだ

数のお勉強です。
‘P;l;おひう


多い,少ないはある程度分かるようになってきたかな,と感じていたので,
少しレベルアップ。

りんごの数と数字を合わせていくようにしました。

1~3でやってみて,
1~5でやってみて・・・

数図ブロックの絵でも。
hふぇえf

はじめは,見慣れない数図ブロックの絵に戸惑いがあったようで,
全然分かっていない様子でしたが,
少ししたらわかってくれました。

難しいときはお姉ちゃんが教えてくれます

@p:いぷぽう



ただ・・・。
fdhfdss

10まで,となると,目だけで数えるCOTOにとってかなり難易度が高いよう。
適当に選択する姿が見られたので,こちらは練習をやめておきます。


健常な子だったら指差しでカウントして確かめる年代。
それができないCOTOは,どうしていったらいいか・・・考えなくてはいけませんねぇ。

とりあえず,その対策として数図ブロックを練習させてみます。
(きちんと5ずつ並んでいれば数えられるかなと思って・・・きっとすぐに形で覚えてしまうでしょうけど,苦笑)

また詰まり・・・

入浴中。

いつもCOTOが10を数えて出るのですが,
数えることもできず涙目。

アンビューを揉んでいる母さんも,
なんだか様子がおかしいぞ,という手応えを感じます。


入っていかないエアー。

日曜日に変えたばかり。
まだ3日もたっていないけど,まさか・・・


はい。

閉塞でした。
bgfdssasd
(この写真じゃわかりませんね

お風呂から上がってすぐに吸引・カフアシストをかけるも,イマイチな感触。
まさか・・・と思って交換したら,カニューレ内にドロッとした痰がこびりついていました。

日曜日のときのような完全な閉塞ではありませんでしたが,明らかに道が狭くなっていました。


交換してよかった・・・。


それにしても,3日とたたずに詰まるなんて・・・。
とりあえず,加湿器の設定を少し高く変更。


・・・気候のせいでしょうか?(涙)
09 | 2012/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。