スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回復

救急外来でお腹をある程度へこませてもらい,
次の日さらに浣腸を使用した結果・・・
hgsdふぁ

やっとすっきりへこみました~。

久しぶりのへこんだお腹・・・。
ほっとしました。


注入量・回数も,今日から普段通りに戻しましたが,
お腹の調子も大丈夫そう

便も,あいかわらず浣腸でしか出せませんが,
形状はすっかり元に戻りました。
(いや,逆に硬すぎるくらいかも・・・


これで本当に回復・・・かな☆




水曜日までは大事をとって通園もお休み。
おうちでおとなしく過ごしましたが,
木曜日から通園も再開。

お腹の負担を考えて,給食は今週いっぱいやめる(ラコールのみ)ことにしましたが,
COTO自身も元気で,通園に行くといったらとても喜んでくれました。


もうすぐ発表会。
COTOはうさぎさんの役をやることに。
kjhgfty
今日はじめてやった練習では,
よく分からず戸惑っていましたが・・・

本番ではちゃんとせりふが言えるかな~??


本番まであと2週間。

練習のためにも,元気に登園したいものです


スポンサーサイト

救急外来受診

COTOの胃腸ですが,本調子とまではいきません。

胃のほうは問題なく,注入したものはちゃんと吸収していってくれます。
次の注入の時には,もう残はありません。

・・・が。

腸のほうはまだ本調子ではないらしく,
ガスがたまって出せないようです。

お腹がぷくぷくに膨れ上がり,
そんなさらに注入しようものなら,皮膚が伸びてテカテカしてしまうほど。

見るからに心配になるほどの膨れようです。


夜の注入前,注入前にも関わらずすでにかなり膨れていたお腹。
お腹をあたためても,軽くたたいても,
マッサージしても,ストレッチしても,綿棒浣腸しても,
全然ガスは抜けません。
浣腸もやりすぎていて,訪問看護師さんから
「やめたほうが・・・。ネラトンでガス抜いたほうがいいのでは」
というアドバイスもあったので,躊躇。

でもこんな状態で注入してしまうと,
また先日のような徐脈を起こしてしまうかもしれない・・・。

悩みましたが,
救急外来へ行ってきました。

子どもたち3人を連れての受診でしたが,
それほど混んでおらず,1時間後には父ちゃんがかけつけてくれたので,
何とかなりました。

当直の小児科医師に来てもらい,
ネラトンによるガス抜きをお願いすると,
ガス抜きというより,洗浄をしてくれる,とのこと。

ネラトンカテーテルを使い,
シリンジで生食を入れては吸引・・・を繰り返すこと数回。
いや,十数回・・・かな。

何度かガスや,便も抜け,
お腹はずいぶんへこみました。

ぺったんこ,とまでいきませんでしたが,
これなら注入しても大丈夫かな,というくらいのお腹に。


よかった~。


回復はまだ途上だったという結論で,
とにかく腸が回復するのを待つしかない。

またガスが溜まるようなら,
また同じことをやってください,と
gfddさあd
カテーテルをお土産(?)にいただきました。

指導も一応受け,
「おかあさん,手技がひとつ増えたね
とのお言葉も(笑)
いいんだか,悪いんだか・・・

でも,次にガスが溜まって困っても,
これがあれば家でなんとかしてあげられる,
というのは大きな安心です。


救急外来を出て,ようやく夕方分の注入を始めてあげることができました。


さぁCOTOの腸,
早く回復しておくれ~。

円形脱毛

COTOの髪の毛なんですが,
円形脱毛がありまして。

数年前にも気になっていたのですが,
それとは違う部分で2箇所。
jgfdss

耳の上方,左右にあります。

ちょうど入院した日には,
おできのようなものもできていました。


あれ・・・?
この場所って・・・


髪の毛しばってる場所!?


以前,髪型を考えたとき,
頭の下にならない場所,痛くない場所を,と考えて決めた髪型だったはずなのですが,
毎日縛っているうちに,
その痛くない場所から少しずつずれていたようで・・・


ごめんCOTO・・・。
いつも痛かったね・・・。


たぶん髪の毛を縛っていたせいだと思うので,
髪型を変えることにします。


・・・反省・・・。

踏んだり蹴ったり

一晩,父ちゃんが付き添いをしてくれました。

父ちゃんが病院付き添いするのなんて,結構珍しいこと。
その間に,母さんは通園施設の忘年会にちょこっと顔を出して,
夜はお姉ちゃんとNONと一緒に家で過ごしました。

夜は夜で,ちょっとした事件があったようです。
COTOの膀胱がパンパンに腫れているのに,
おしっこが全然出てくれなかったようで・・・。

一度導尿を試みるまで至ったようですが,失敗。
もう一度チャレンジする,と他の人の手配をしてくださっている間に,
導尿失敗時が刺激になったからか,
おしっこが出たようです。

連絡を受けて母さんがかけつけた時には,
ちょうどおしっこが出たところでした。


さて。
一夜明けて朝,病室に行くと・・・
朝9時にも関わらず,なぜか注入中。

どうやら父ちゃん寝坊したらしく,
おまけにCOTOのことを考えてゆ~っくり注入をしてくれていたらしいのです。

・・・で。
よ~く見ると・・・・ショック!!
ラコールが大量に漏れてるではありませんか!!

なんと,
接続チューブが,外れるはずのない部分がはずれていて・・・
つまり,壊れていたのです。
hdfgsdfs

漏れている様子からして,かなりの量。

COTOの身体や下に敷いてある自前のマットだけでなく,
病院ベッドのマットレスにまでしっかり染み込んでいる~(涙)
父ちゃんのゆ~っくりと注入してくれていたその2時間がパアですね・・・。

いつも小児科病棟だと,
下に防水シーツが敷いていあるのですが,
こちらの病棟では敷かないらしく,
(そもそもマットレスやベッドからして全然違う・・・)
大量にラコールを吸ってしまったマットレスは交換することに・・・。

大人4人がかりでベッドごとの移動をし,
着替え等もしてほっと一息ついた頃・・・。


COTOの手を見ると,手がぷくぷくに膨れているではありませんか!!
jfhgdfg

点滴が漏れてる~(涙)

貼っていあるテープからムチムチと盛り上がる皮膚。
hfdfs
COTOの手にしては,ありえない大きさ,太さ。
ちなみに反対の点滴をしていない手はコチラ。
kjhfyhg

手だけでなく,腕もぷくぷくになっていて,かなり痛そう・・・。
これだけ漏れるって,どれだけの間漏れていたのか

急いでナースコール。
点滴を抜いてもらいました。


踏んだり蹴ったりとはまさにこういうこと!?



それでも,今日はいい日でもあります。

退院です。


注入したラコールが順調に胃が吸収してくれるので,
医師から許可がおりて退院することになりました。

「おうち帰るよ」
とCOTOに言うと,
「やった~!!」
と大喜び。

やっぱり,おうちがよかったようです。


は~,それにしても,
退院するまでになんだか疲れてしまいました・・・。
(点滴漏れについては父ちゃんにはいろいろ言いたいこともありますが,せっかく父ちゃんが付き添ってくれたので,文句は言えません・・・

違う病棟

今回の入院が決まった時点で,
「小児科病棟は満床です」
と言われました。

さて。
どこに入院?

いろいろ病院内を探してくださった結果,
初めての病棟へお世話になることになりました。

そこは3つの科が合わさった混合病棟。
入院しているのは,普通の歩ける大人(それも割と若い方)ばかりです。

それも,改装工事が終わったばかりで引越し一日目のピカピカの病棟
ナースステーション横のカーテン部屋,
COTOが使用第一号となってしまいました。

そんなピカピカの病室だといっても,いいことばかりではありません。
いろんなものが揃わなくって,とりあえず家から持ってきたもので対応。

呼吸器台もないので,呼吸器はストレッチャーに積んだままだし(笑)
hfddさ

冷蔵庫はあるけれど,テレビはないし。
hfdfだf
(余計なお金を使わなくていい!?笑)

病院食もなぜかオーダーがかかってたみたいで,
(それも大人用の食事)
hrfでfがfd
COTOの代わりに母さんが食べさせてもらったし(笑),


でもでも,いいこともありました。

小児科病棟ではないってことは,
姉妹が病室に入れる,ということ。
hfdふぁえw

3姉妹でにぎやかに病室で過ごす,という
珍しい光景がありました


胃の調子も改善傾向。
いい調子の入院二日目。

で,結局・・・

lkjhgfd

入院になりました。

全然吸収してくれないCOTOの胃。
低血糖が心配だったので,時々ラコールは入れるものの,少量。
それすらも全然吸収されないので,
OS-1中心に水分をとっていて,
それもなかなか吸収してもらえず。


そんな一日を過ごし,やはり心配になった母さん。
祝日ですが,救急外来へ行くことに。


行くと決めた昼頃から,少し吸収してくれるようになった印象ではあったのですが,
それでもそれまでの栄養・水分の入り具合が心配で行ってきました。


結果・・・
少し低血糖。(54)
それと脱水の入り口。

点滴管理が必要になり,そのまま入院となりました。
ようやく点滴管理になり,ほっとした母さん。

これで,水分や栄養の心配をしなくてよくなります。
胃の吸収も回復傾向。
ラコールの注入ができるようになれば退院です。

胃腸風邪②

胃腸風邪発覚・・・

その後はとにかく大変でした。

入れなおしたラコールは少量にしたにも関わらず全然吸収してくれず。
ラコールがあるとなかなか吸収が進まないので,
脱水が心配になってOS-1のみで入れてみたり。
(OS-1のみの方が少しは吸収してくれました)
水分だけでは心配なので,少しだけラコールを入れてみたり。

正しい対処法が分からず,
夜中の間,とにかく四苦八苦の母さん。

朝になってもほとんど吸収してくれず,
OS-1を入れながら病院を受診しました。

これだけ栄養も水分も入っていかないとなると,
もう点滴しかない→入院だ,と思い,
入院の用意をばっちりして,全部持って病院へ。

しかし,病院では採血の結果,低血糖や脱水は起こっておらず,という結果。
だから,整腸剤出すから帰っていいよ,とのこと。

結果については・・・まぁ,そりゃそうかもね・・・。
調子がおかしくなってから,15時間くらいしかたっていませんでしたし。


でも,全然栄養が入らないことが不安な母さん。
おまけに3連休が控えているので,
食い下がっていろいろ質問したのですが,
結局結論としては,
家に帰って,処方した薬を飲んで,4日後の月曜日に受診,と。


せっかく点滴してくれているのだから,せめてブドウ糖くらい・・・とも思ったのですが,
低血糖になっていないとのことで,それもなし。
点滴も,ほとんど入っていない段階で抜針,
家へ帰りました。


大きな不安要素を抱えながら・・・。

胃腸風邪①

外科受診から帰って,普段通り過ごしていました。

ヘルパーさんとお風呂に入って,
訪問看護師さんとお留守番して,(その間に母さんは保育園のお迎え)
夕方のラコール注入を開始して少しした頃・・・

モニターのアラーム。

ところが,いつもと少し違う。
何がおかしいって,HRが55・・・!

COTOは起きているのに,この値はおかしいのです。
最近,だんだん徐脈気味でしたが,起きているときにここまで落ちることはなく。
おまけに,COTOの顔色はおかしく,脂汗を書いている・・・。

とりあえず痰詰まりもあったので,吸引等対処しているうちに,
脈も100前後に戻りました。


心配になりましたが,とりあえず普通に戻ったのでそのまま過ごしていると・・・

またHR50台!!

明らかにおかしい,と思って体の様子等みていると,
お腹がパンパンになっていることに気づきました。

膨れている,というレベルでなくて,
膨らんだ風船が今にも破裂しそうなくらいパンパン。


こんなことは初めてで,
正直どう対処していいのか分からない母さん・・・。

とりえあず,このままでは破裂してしまう!という恐怖から(本当にそう思ってしまうくらいパンパンでした)
胃の内容物を吸引し(注入直後で満タンに入っていました),
浣腸して腸のものも出しました。

それでやっと破裂しそうという感じではなくなったのですが,
浣腸で出した直後から,すぐに膨れるお腹。

何より,出てきた便が水様の便だったので,
「胃腸風邪もらってしまった」
ということがはっきりしました。


今回母さんの大失敗は,
ラコール注入前に前吸引しなかったことです。
前吸引していれば,きっと胃の内容物が未消化だったことが確認できたはず。
徐脈になってしまったのも,お腹が膨れすぎていろいろ圧迫しすぎてしまったせい・・・!?

母さん,大反省です。


胃腸風邪②に続きます。

外科受診

午後は定期の小児外科受診日でした。

NONの胃腸風邪がよくなった,と思っていたのに,
下痢が悪化。
元気もあるし,食欲もあるし,嘔吐もないけれど,
念のため病院受診させることに。
(保育園のことがあるので・・・)

といっても,午前中のうちにCOTOと一緒に受診できるところというと,
COTOのかかりつけ病院の小児科くらいしかなく・・・。
COTOと一緒に小児科午前外来へ。

たまたまCOTOの主治医が外来担当になり,
「COTOは元気です」
と報告してきました。

NONは,整腸剤だけ処方してもらい,終了。



そして午後は外科へ。
胃ろう交換,今回も泣かずに頑張りました。

ところで,今回確認しようと思っていたのに確認し忘れたことが。

胃ろう交換は,すでに胃ろうに入っているものを抜いて,
新しいものを入れる,という作業なのですが,
その後胃にきちんと入っているかどうかの確認って,するもの?しないもの?という疑問がありまして・・・。

以前は交換後確認をしていたのですが,
4月に医師が交代してから,
その確認作業をしなくなりました。

それって,大丈夫なものなのですか?と聞いてこようと思っていたのに・・・。
相変わらずのスピード作業,1~2分受診。
あっという間の出来事で,ついうっかり聞いてくるのを忘れてしまいました。

次回こそは確認しなければ・・・。


胃腸風邪

保育園で胃腸風邪が流行っているらしく,
NONがもらってきてしまいました。

そして今回はめずらしく母さんも・・・。

体調不良の母さんとNON,COTOで過ごす一日はとても長く辛く,
自分の体調管理は基本中の基本だな,と再確認です。


さて,母さんの体調も回復し,日中一時支援へ。

日中一時に行くとCOTOは小麦粉粘土をリクエストするらしく,
今回も作ってきました。
hgtffsd

いちご~。


看護師さんが「今日は何やる?」と聞くと,必ず
「こむぎこねんど」
と答えるのだとか。

ただし,ひとりの看護師さん限定。

COTOの中で,
この人は小麦粉粘土,この人はDVD,と
役割を決めているようだそうです(笑)

しぱぽむよ

今,我が家の娘たちの間で流行っています。


hgskぁdsf

「しぱぽむよ」

hgsdfgsg


なんじゃそりゃって?


正しくは,「しんぱいごむよう」です(苦笑)
(COTOにはそう聞こえるんですね~,笑)


NONが保育園で借りてきた絵本,「りんごくんがね」
ryhjkl

この中のこのページがとってもお気に入りの三姉妹。


今日COTOのパソコン学習の「おめでとう」ページ(課題をクリアしたときのページ)をこの絵にしたら,
COTOは相当喜んでいて,
しばらく「おめでとう」ページから動きませんでした。
(つまりお勉強してくれないってこと・・・ダメじゃん・・・笑)



さて。

今日はお休み。外は大雨。
父ちゃんはお仕事。

家で過ごしていても行き詰りそうだったので,
イオンへお出かけしてきました。

gfhgfdgs


母さんと子ども3人でのお出かけ時,
基本的にはCOTOのストレッチャーを母さんが押し,
NONのカートをお姉ちゃんが押す,
という方法が一番都合がいいのですが,

最近NONが,母さん以外の人が自分を押すことを嫌がっちゃって・・・。

母さんがCOTOのストレッチャーを押していると駄々っ子になっちゃうんです。
ジェラシー・・・???

おまけに,NONが「お姉ちゃんじゃ嫌だ」という意思表示を派手にしてくれるものですから,
お姉ちゃんがいじけちゃって・・・(苦笑)


かといって,ストレッチャーを押すにはお姉ちゃんの体は小さすぎ。
前が見えなくなってしまうし,重すぎてしまい,いろんな意味で危険。
(お姉ちゃん自身が嫌がります)


なので,時には母さんストレッチャーとカートの2台押し(苦笑)
ものすごい恥ずかしい格好になっていたりします・・・はぁ~。


もう,NONとCOTOをセットに運べる方法をかんがえるべきかなぁ~。
(抱っこ・おんぶはちょっとすると嫌がるし,歩かせると絶対脱走するし,難しいお年頃のNONなのです~)

それでも,おでかけ自体は楽しかったらしい,うちの三姉妹でした

khggfdhd

もうすぐクリスマス!?

クリスマスまでまだ一ヶ月以上ありますが,
COTOからサンタさんへ手紙を書きました。
(これは母さんが結構助言をして書きました)

hjhgh
「さんたたさんへ
 くつおねがいしますあお」

COTOは,靴が欲しいんだとか。

NONやお姉ちゃんが靴を買ってもらっているのがうらやましかったようです。

色は,しばらく「ピンク」と言っていたのに,
手紙を書くときになったらいきなり「青」に変わってた(汗)

こりゃ,直前にまた変わったりするかも・・・!?
サンタさん泣かせだよ~。


ツリーも出しました。
hgdfsg


クリスマスを意識すると
いよいよ冬,という気がしてきます。

紙遊び~

本日の午後保育は紙遊び。
(午前は大型ブランコをやりました)

新聞紙をビリビリ~と破くのも楽しいし,
新聞紙に埋もれるのも楽しいし,
jghんdfsr

送風機で新聞紙が飛んでいるのを見るのを楽しいのですが・・・


母たち,さらに楽しいことを見つけてしまいました。

たまたま七五三でいただいた千歳あめの袋の中に入っていた紙風船。
これを送風機の上で上手に飛ばすと紙風船が空中で飛んだままに。

大成功~
」:@k;:k


子ども以上に母たちも楽しんだ紙遊び(すでに違う遊び!?)でした。

盛り沢山


jjhgfddsg

「ほいふえん---(日中一時の名前)おもしろかったかみばいあんぱんまんこむぎこねんどウさぎあかばらかす9こどるり」


ythjdghs

いつもの日中一時の日でしたが、
日中一時に行く前に、保育園へ行ってきました。
未就園児対象の体験保育が目的です。

いろいろタイミングを逃していて、これに参加するのは二年ぶり。
COTOにしてみたら初めてのようなものです。
慣れない場所で緊張しちゃうかしら…。


…が。

意外や意外。
COTOったらかなりノリノリで、
お名前呼びの返事も大きな声で出来たし、
歌も一緒にしっかり歌ってくれたし、
先生がパネルシアターのようなものを見せてくれた時には「わー」といちいち反応するし(笑)

ものすごく楽しんでいた様子でした。

この二年で随分成長したんだなー、うんうん。

で、その体験保育で作ったのが、写真の「マラカス」。
ガチャガチャのカプセルにドングリを9個も入れて作りました。
(これで日記が解読できるかしら?笑)

夕方帰宅すると、ソッコーでNONに奪われてましたが。(苦笑)


保育園の後で行った日中一時では、
紙芝居、アンパンマン(のDVD?)、小麦粉粘土をやったようですね。
ウサギの色を「ピンク」と書くかと思ったら、「赤」。

選んだ食紅が「赤」だったんでしょうね…。

こんな感じでCOTOにとって盛りだくさんの日になりました♫

結核予防薬,やっと終了

定期の受診日でした。

今日はいろんな手違いが多く,定期の受診なのに3時間半かかりぐったり・・・。
本当に,病院って疲れます。

でもでも,今日でやっと結核予防のお薬が終わりました。

これで,次の受診からはNONを連れて行かずに済みます。
ほっ・・・!!
NONがいるかいないかで,かなり負担の大きさは変わりますから・・・(苦笑)


この半年間の,NONとCOTOを2人連れての定期受診。
ヘルパーさんの助けなしでは乗り切れませんでした。
本当に,感謝です。
(これからも,定期受診にはついてきてもらう予定ですが)


それから,インフルエンザの予防接種(1回目)も打ってもらいました。

今日は採血とレントゲンもありましたが,
予防接種も含め,今回もCOTOは一度も泣かずに頑張りました。

本当に,強くなったなぁ。


NONは・・・ひどい暴れようでしたが,
(多分)押さえつけてもらって頑張りました。


二人共,お疲れさま。
(予防接種代は高くてちょっと泣けるけど・・・)


今回,以前から気になっていた徐脈のことで相談し,
ちょうど心臓の評価をする時期もきていたことから,
心エコーの予約を取ることになったのですが,

予約が取れたのは・・・4月。

ありゃ・・・冬を通り越して,春じゃん


まぁ,COTOの状態が悪いわけでもないし,緊急性はないんですけどね。

何が心配って,そんな遠い日付を母さんが覚えておけるかってことが心配だったりして(汗)


そんなこんなで,今月も定期受診が無事終わりました。

うyjgfd

大成功~♫

ちょっと母さんウキウキしています

COTOの持続吸引器,モーター交換が成功したんです

お出かけ用の持続吸引器に使用しているのは,
魚用のエアーポンプ(乾電池式)を改造したもの。

しかし,このエアーポンプ,モーターの寿命が100時間との記載あり。
COTOの使い方だと,2~3ヶ月でモーターがダメになってしまうのです。

これまでは,本体ごと購入・改造していました。


でも・・・先日,モーターが簡単に手に入るものでOKと教えていただき,
そして・・・・

モーターゲット!!<教えていただいた,ELPA RE-260型 適正電圧DC3V,160円でした)
gfdfasdsa


すでに動かなくなっていたものがあったので,
モーターを,はんだごてを使って付け替えて・・・(はんだは再利用したため,新たには使いませんでした)
がfdさd

スイッチを入れると・・・復活!!
hfdさあ
↑電源を入れて振動している写真なのですが,サイズが小さすぎて全然分からないですね・・・(汗)


それならば,と取り出したのは
在宅移行時に購入した,正規品(?)の持続吸引器(乾電池式)。
gはだdれ
とっくにモーターはダメになっていたのですが,
なんとなく捨てられずに持っていました。

こちらもモーターを交換。
fdがfだsdsふぁ

すると・・・復活!!
4年近くの時を経て,復活した持続吸引器(笑)
この型は今じゃ非売品だから,ちょっとレアかもしれませんよ~。


今回,二つの持続吸引器が復活しました
hfgfだだs

それも,ひとつ160円で。
ゴミが減るし,ゴミとして捨てる罪悪感も減るし(モーターだけで済む),何よりもお安く済む。

あ~,いいことを教えていただきました。


本当に,ありがとうございました

二日連続

fyhkll


通園でトンネル遊びをしました。
:lokfjf

このトンネルは初めて。
(短くて大きなものは何度かやったことがあります)

布団を敷いてその上にCOTOが寝て,
布団ごと先生が引っ張ってくれます。

一気に引っ張ってもらうので,その間はアンビューなし。

滑り台などと同じ要領でやりました。


COTOは「もういっかーい」と気に入った様子です


さて,そんな楽しい通園も本日は少し早帰り。

理由は,母さんの歯医者。

朝,突然前歯が欠けた母さん。


急いで自宅近くの歯科医に電話するも,当日は予約がいっぱいとのこと。

それなら・・・と,COTOたちがいつも診てもらっているところに電話したら,
診てくれる,と。

よかったー。

COTO連れで行けるところというと,限られてしまいますから。
(その二箇所以外には知りません・・・)


COTOが見守る中,
母さん無事治療を受けて,前歯が元通り(?)になりました。

COTO,付き添いありがとう。


実はCOTO,
昨日も日中一時に行く前に,
お姉ちゃんの皮膚科と耳鼻科に付き添ってくれて・・・。

二日連続の病院付き添いになりました。
(呼吸器つけたCOTOが付添人って,なんだか変な感じです,笑)


COTO,おつかれさまー。

お気に入り

ドライヤーをかけてもらうツタンカーメン。笑
bfddさ

このお面,
COTOがやけに気に入ってしまって,
お風呂から上がるとつけてくれ,と言います。
(お風呂上がりに見える場所にかけてあるってのもあるのですが)



今日は日中一時。

小麦粉粘土でCOTOがリクエストしたものは「はらぺこあおむし」
hyggdghds


COTOも大満足です。

消防署見学

通園施設で,消防署の見学がありました。
hgfsf

今年はとにかく寒かった・・・。


地震体験は,今年はCOTOの体験はありませんでした。
母さんは,震度7弱までのものを体験。
jghfsds

やっぱり,自分を守るのに精一杯。
こんな揺れが来た時に,COTOを,子どもたちを,どうやって守ればいいのだろう・・・。

いろいろシミュレーションしようとしても,

きっとCOTOの体を押さえても,あの揺れでは押さえきれずに落ちてしまいそう。
COTOをストレッチャーからおろしてアンビューで・・・(おろせるかな・・・?)

思考停止。
いい考えが浮かびません。


今年はCOTOの体験が少なく残念でしたが,
とりあえずスタンプは押してきました
jhkhfjf


それに,はしご車を見て喜んでくれるようになったかも。
去年よりも,ちょっと成長したかな,と思いました。

hggsfs

↑COTOの日記です。
母さんがグラグラ揺れていたのは結構印象的だったようです(笑)



そうそう,朝行く前にちょっと事件が。
寝ているCOTOの口から血が垂れていて,さらに持続吸引で血がたくさん引けていました。
grfdfだ
(この写真はマシなアングルです。反対からの写真はあまりにひどくて載せられません・・・)

どうやら,先日歯を抜いたところから再出血した様子。

それが分かるまで,母さんはかなりドキドキしました。
ティッシュやガーゼで押さえてなんとか止血。
気管にも血が落ちておらず,よかったー。
10 | 2012/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。