スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃腸風邪①

外科受診から帰って,普段通り過ごしていました。

ヘルパーさんとお風呂に入って,
訪問看護師さんとお留守番して,(その間に母さんは保育園のお迎え)
夕方のラコール注入を開始して少しした頃・・・

モニターのアラーム。

ところが,いつもと少し違う。
何がおかしいって,HRが55・・・!

COTOは起きているのに,この値はおかしいのです。
最近,だんだん徐脈気味でしたが,起きているときにここまで落ちることはなく。
おまけに,COTOの顔色はおかしく,脂汗を書いている・・・。

とりあえず痰詰まりもあったので,吸引等対処しているうちに,
脈も100前後に戻りました。


心配になりましたが,とりあえず普通に戻ったのでそのまま過ごしていると・・・

またHR50台!!

明らかにおかしい,と思って体の様子等みていると,
お腹がパンパンになっていることに気づきました。

膨れている,というレベルでなくて,
膨らんだ風船が今にも破裂しそうなくらいパンパン。


こんなことは初めてで,
正直どう対処していいのか分からない母さん・・・。

とりえあず,このままでは破裂してしまう!という恐怖から(本当にそう思ってしまうくらいパンパンでした)
胃の内容物を吸引し(注入直後で満タンに入っていました),
浣腸して腸のものも出しました。

それでやっと破裂しそうという感じではなくなったのですが,
浣腸で出した直後から,すぐに膨れるお腹。

何より,出てきた便が水様の便だったので,
「胃腸風邪もらってしまった」
ということがはっきりしました。


今回母さんの大失敗は,
ラコール注入前に前吸引しなかったことです。
前吸引していれば,きっと胃の内容物が未消化だったことが確認できたはず。
徐脈になってしまったのも,お腹が膨れすぎていろいろ圧迫しすぎてしまったせい・・・!?

母さん,大反省です。


胃腸風邪②に続きます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。