スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校見学 その1

学区の養護学校(特別支援学校)の見学に行ってきました。

個人的に申し込んだ見学なので,
COTOと母さんだけ,の見学者です。
hyrてwfgf

こちらの学校は,これまで呼吸器っ子を通学で受け入れたことはありません。
COTOがこちらに通うことになれば,「初」になります。

それだけに学校側も不安がある,ということで,
まずはいろいろな聞き取りがありました。


どれが呼吸器か?
吸引等医療的ケアはどれだけ行うのか?
バッテリーはどれだけ持つのか?
姿勢は変えるのか?どのように?
・・・・等々。

印象的だったのは,
「呼吸器をコンセントにつなぐ方法は?」
という内容。

COTOの場合,
呼吸器を含め電源が必要なものはすべて一つの延長コード(タコ足)に繋げており,
1つのコンセントに差せばすべての機器に電源がいくようにしてあります。
(医療機器メーカーからはおすすめされておりません。あしからず)

呼吸器は,
コンセントからの電源がくれば
自動的にバッテリーとコンセントからの電源が切り替わるようになっているため,
「普通のコンセントにさす」ことをすれば
呼吸器は電源につながれたことになります。

「それなら,教員でもできる」


これがもし,呼吸器の一部を触ることになるのなら,
「医療行為」となるため
いちいち看護師さんか親を呼ばなければならなくなるというのです。


うーん・・・難しい・・・。
学校では,こうした制度の壁に沢山ぶつかることになりそうです。
(ヘルパーさん等と一緒ですね~)


さて,
聞き取りの後は校内見学。

授業風景を見せていただきました。


ちょっと長くなったので,
これについてはその2で・・・。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

学校見学

学校見学良かったね

ちーちゃんへ

いろいろ分かって、よかったです。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。