スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな第一歩!

3年前から希望していたことがありました。

「COTOを,同級生の子の中に混ぜて過ごさせてもらえませんか?」

そして。
地元保育園との,初めての交流が実現しました。
jsrtghsgh  hshんjsg
(向かうCOTO。園内では撮影してはいけないだろうと思うので・・・)


COTOにとって,母さんにとって,
大きな大きな第一歩です。

たった1時間という短い時間でしたが,
同じ年(年中さん)のお友達25人がCOTOと一緒に自己紹介やゲームをやってくれ,
COTOは終始ニッコニコでした。

次回は12月の予定。
数は少ないですが,これまでのことを考えると
一歩ずつ進んできたのだと感じます。




遡ること3年前・・・。
(長いです。興味なければ読まない方がよさそうです,苦笑)


親付きでの保育園入園を考えましたが・・・
   保育園はそういうところではないということで,却下。

では,入園ではなく遊びに行かせてもらいたい(もちろん母同行)・・・
   と希望するも,危険だからと却下。(子どもが何をするか分からない)

一時保育という形で行うというのはどうか・・・
   と提案もしましたが,こちらも当てはまらないからと却下。


それよりも,肢体不自由児の通園施設があるのだからそちらへ行ったらどうですか?
とのことでした。
母さん,ちょっと意地もあったと思います。
「いいさ。それならそこに通ってみせるさ」
と。

そして,
「通園に通った上で,再度保育園との交流をお願いするんだ!」
と。


そして,通園施設に通い始めて1年半後。
再度,市役所へ。さらに,姉妹の通っている保育園へ。
お願いすることはただ1つ。
「どういう形でもいいので,交流させてください」

やはりなかなかいいお返事はもらえませんでしたが,
通園施設に味方してもらいながら何度かお願いしていると,少し動きだしました。
「前向きに考えてみましょう」


そこからがまた長かった・・・。
「年少のうちはまだ」「書類がそろってないから」「季節が悪いから」
時ばかりが過ぎていき,どこに催促すればいいのかも分からず,
このまま年長さんまで終わってしまうのではないか・・・と本気で思っていた母さん。

どこかに催促するたびに,ちょっとずつ,ちょっとずつ話が進み,
ようやく,初めての交流にたどり着くことができました。


COTOのような子を受け入れる,ということは
どうしても不安や心配が多くあるかと思います。
そんな中,交流を受け入れてくださった保育園には本当に感謝です。

今年度設定してくださった交流日は4回。
もちろん,希望としてはもっと・・・という気持ちはありますが,
何事もまずは知ってもらうことから。

4回の交流を通じて,
少しでもCOTOのことを知ってもらい,不安を減らしてもらい,
交流機会の増加につなげていけたら・・・と思います。


3年も待ったんです。
もう少しくらい待ちますとも(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごい!すごい!すごーくステキな一歩ですv-238
就学前から同じ年代の、近所の子達と一緒に過ごせるのって、本当に本当に大事な時間だと思います。
(交流先の保育園の子ども達にとっても)

地元の小学校に行かれるとしたら、保育園でお顔見知りになっておくのって良いですよね〜
COTOちゃんすぐにお友だちを覚えると思うなあv-218

特別支援学校に行かれるとしたら、小学校になっても回数多く交流が続くといいですよね〜

COTOちゃんの魅力にひかれて、みんな集まってくる様子が目に浮かびますv-22
保育園の園児さん達の素直な質問攻撃も、COTOちゃんの笑顔があれば、ばっちりだと思います。

次回12月が楽しみですね〜
吸引や注入のできる看護師さん等が保育園に居てくれるか、一緒に登園してくれたら、COTOちゃんの保育園生活がさらに楽しくなるでしょうね!

普段からCOTOちゃんの魅力を、惜しみなく家外に出しているあんずさんの想いが、少しづつ皆に伝わっていっていると思いますv-252うれしいです。良かったぁv-238

本当によかったですね‼︎‼︎

私も本当に嬉しいです♪o(*>▽<*)o

やっぱり同世代の子供達と一緒に遊ぶ事って、本当に刺激にもなるし、COTOちゃんの楽しみが増えて良かったです!
多分、子供って、今の年齢なら、どんどん話しかけてくれるでしょうが、年齢が上がるにつれて、なかなか積極的には来てくれないような気がします。思春期とかになっちゃうと特に…

大きな一歩、おめでとうございます(≧∀≦)
もっともっとCOTOちゃんの良い所を伝えられたらいいですね♪
色んな事が出来るんだって事も分かってもらえたらいいですね(*´∇`)

COTOちゃんの・・・さん

ありがとうございます。

狙いはそのとおりで,今の交流だけでなく,就学後のことも考えて地元保育園での交流を希望しました。
長い目で見ても,ありがたい一歩です。

お友だちの名前は,同い年の子が50人以上いるので,なかなか覚えられそうにありませんが・・・(汗)

まなママさんへ

ありがとうございます。

そうなんですよね。今の時期だからこそ寄ってきてくれるのが現実ですよね。長くてあと3~4年。だからこそ,なんとしてでも交流保育を実現させたくて。
貴重な機会をしっかりと楽しみたいと思います!
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。