スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行中の医療面について

我が家が旅行を楽しむために絶対に必要なのが、COTOの医療面への対策。


①電源について

電源のことで心配なのは、呼吸器とパルスオキシメーター。(吸引器はよっぽど大丈夫です)

パルスオキシメーター(VM1)のバッテリーは、5時間半程度しか持ちません。
なので、携帯用のパルスオキシメーター(パームサット)を用意。

これなら、乾電池でも対応できるので安心です。

呼吸器(トリロジー)は、着脱式バッテリーを4個用意することができました。
(そのうち一つは、新型カフアシストのものです)


②加温加湿

こうして電源の問題は解決したのですが、
それよりもっと問題なのは加温加湿の問題。

電源のないところで過ごすとなると、一般的には人工鼻にきりかえると思うのですが、
COTOの場合は人工鼻では全く加湿がかからない(⌒-⌒; )(リークのせいだと思うのですが)

なので、時々電源につないで加温加湿器に頑張ってもらわなければいけません。

そこで,
ホテルの部屋やパーク内の救護室で電源につなげさせてもらい、
加湿休憩をとりつつ遊んでいました。

ちなみに、パーク内に救護室は3箇所。
今回は中央救護室ではない救護室に行きましたが,
ちゃんと対応してもらえました。(飛び込みで)


・・・が。

2日目の午後、カニューレ詰まり!!!

ちょうどその時は母さんがついていたので、すぐにアンビューで開通させて事なきを得ましたが、
もし父ちゃんがついている時だったら・・・と思うと、ちょっと怖い・・・。
(いや,父ちゃんでもきっと対応できるとは思いますが・・・多分^^;)

ちなみに、そのカニューレを帰宅後に交換したところ

どろっどろの固まりかけた痰がたっぷりくっついていました。

これが心配だったので、旅行の前日に新しいカニューレに取り替えていったというのに・・・

加湿の問題は、やっぱり対処しきれていなかったようです。

③排痰

今回は,カフアシストを車に積んでいきました。
(これまでのカフアシストだと,関西と関東の周波数の関係でCOTOのものが使えず。千葉の業者さんからお借りしていました)
1日目,家を出発してからすぐに,COTOの体調が不安定に。
痰が悪さをしていました。
そこで,カフアシストがバッテリー駆動で大活躍!
おかげで短時間ですっきりすることができ,
COTOからも「おっけ~」とのお言葉。

初っ端から新型カフアシストの恩恵を受けることになりました。
よかった~。

④姿勢(身体)
今回は初めてネクストローラー(バギー)で旅行に行ったのですが、
身体の問題が心配でした。

今まではストレッチャーだったので,
夜寝るときもずっとストレッチャー上で過ごしていたのですが、
ネクストローラーではフルフラットにはならないので,ずっとだとちょっとキツイかな・・・?と。

そこで,
今回はホテルや救護室でベッドにうつり休憩しました。


こんな感じでしょうか。

無理のないように・・・と思いつつも,
ついつい遊ぶのが楽しくなって無理をしてしまうもの・・・(汗)

帰宅後もCOTOの体調はよさそうなので,
それは一安心です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。