スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュービング

滲出性中耳炎のCOTO。

半年以上様子を見ました(薬で治療も、切開もした)が、改善されないのでチュービングすることになりました。

子どもは普通全身麻酔とのことですが、動かない(動けない)COTOは部分麻酔で行ってもらうことに。
(母さんからお願いしました。負担が全然違うので)

まずは本日、右耳のみ。

麻酔中ー。


麻酔の時点で怖がっていたCOTOですが、腕に装着した電極を「妖怪ウォッチみたい」と言うと、ちょっと得意げ(笑)

少し落ち着きました。


さて、処置。
バギーに乗ったままどうやって機材を届かせるか、で少し頭を悩ませていたドクターでしたが、
何とかそのままで行ってもらうことができました。

「泣いちゃう」
と本人が宣言していた通り、いや、それ以上に大泣きだったCOTO。

「ヒー。ヒー。いたいー。」
と悲痛な叫びを上げていました。

でも、処置が終われば泣くのをやめ、
「これで聞こえやすくなったよ」
というドクターの言葉に
「やったー!」
と応える余裕?ぶり。

左耳も聞こえるようになりたい?と聞かれ、
「なりたいー」
と答えたので、
そのうちにまた左耳も頑張ってね、COTO。

それにしても、よく頑張ったと思います。

偉かったよ、COTO!


↑診察室から出て来たばかりのCOTO。
まだ少し涙目?
でも、この時にはもう「痛くない」と気持ちも落ち着いていました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

チュービング

大丈夫?頑張ったね

愛姫☆ さんへ

COTO、頑張ってくれました。
左耳も頑張ってもらいたいです。(まだいつやるか決まってないけれど)
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。