スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イチゴ」の意味

お姉ちゃんがやっているしまじろう教材に書いてありました。

【2歳ごろまでは,例えば「赤いもの」という言葉は「リンゴ」などの特定の言葉のみを結びつけて,それ以外のもの(消防車・イチゴなど)は「赤いもの」として認知していない場合があります。】

これを読んで,もしや・・・と思いCOTOに確認したところ,

イチゴを見せても,リンゴを見せても,消防車を見せても,赤い屋根の家を見せても,
全部答えは「んーんーんっ(いちご)」


どうやら,
COTOは逆に「赤い色」=「イチゴ」と認識しているようです


そっかー。
それで,りんごやトマトを見てもイチゴになっちゃうのね~。

(赤い色の入っていない絵を見せたら,
微妙な顔をして黙ったので,たぶんそうだと思うのですが。)


2歳児の頭の中は,おばちゃんには理解が難しいです~(笑)


そういえば,お姉ちゃんは色が覚えられなかったなあ。
異常があるかも,と緑と赤を何度も比べさせたこともあったっけ
今でも色の名前,ちょっと微妙ですが・・・。


色って,小さい子にとってなかなか興味深いものですね。



さて,
今日はお風呂のときに微熱があったCOTO。
ヘルパーさんと,「風邪かな!?」
と心配しましたが,
とりあえず今のところ元気そう。

こもり熱だった,ということにしておきたいと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。