スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイサービス内覧会

家からわりと近くに医療行為OKのデイサービスができ,その内覧会がある,

という情報をいただき,
雨の中お姉ちゃんを連れて内覧会に行ってきました。

COTOは父ちゃんとお留守番です。


デイサービスを利用したことのない母さんは,
そもそもデイサービスがどういったものなのか・・・というところから分かってなかったのですが(汗),
いろいろ話を聞いて勉強になりました。

内覧会に行って分かったことは

   ・スタッフの方たちは気さくで優しい人たちだということ

   ・建物は普通の一軒家な感じであること
    (リビング,続きの和室,トイレ,お風呂,扉つきの和室3畳,事務所)

   ・医療行為OKと言っても,看護師(1名のみ)は重度障害児の経験はなく,毎日いるとも限らないこと

   ・建物の造りとして,ストレッチャーを想定していないということ
    (もしCOTOのストレッチャーを入れようと思うと,窓にスロープをかけて入れることになる)

   ・お風呂もあるが,一般家庭用1坪タイプで脱衣所も狭いのでCOTOが利用するには工夫がいること
    (自宅お風呂の方が条件がいい) 
 
   ・主に対象として考えているのは,(たぶん)養護学校に通う子どもたちであること
    (学校に迎えに行き,夕方過ごす場所。学童のようなもの)

   ・将来的にショートステイができることを目指していること


といったところでしょうか。

COTOはおいておいて,
養護学校で親の付き添いなしでも対応できるくらいの医療行為があるお子さんの行き場としては,
最適なのかなと感じました。
(地域の養護学校では,常駐の看護師さん(2名)はいますが,生徒児童数に対して少なすぎるため,吸引行為には対応できず,親の付き添いが必要になると聞いています)


で,COTOにはどうか・・・というと,
少なくとも現段階では安全性が確保できないこともあり,
利用は考えていません。

安全性というのは,医療行為についてもそうなのですが,
やはり動ける子と一緒に過ごすとなると,
どうしてもCOTO専属の大人が1人必要になってしまい,それは無理な話であろうからです。

子どもたちにとって,COTOのストレッチャーに積んである機器は
ものめずらしいものばかり。
どうしたって手が出てしまうでしょうし。。。



それでも,こういったデイサービスが出来るということはありがたいことです。
条件が合う子は,
どんどん利用していけたらいいなと思いました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

確かにこの情報を見る限り医療行為可能といっても、養護に通学できる程度の子ぐらいですね。これまで注入の合間のみ利用といっていた人たちが長時間可能になりますね。

同じくようくんもここの利用は無理そうですが。

この地区もようやく今年度に入り、医療行為OKの施設が少し出来始め、介護する側も安心感が持てるようになりました。頑張って声を上げ続けてくれたてくれた先輩たちに感謝です。

ようくんへ

すっぽりと抜け落ちていたこの地区,なんだか急ににぎやかな感じだね。

まだまだ問題はあるけれど,
こうして一歩ずつ整っていっているのは,本当にこれまでがんばってくれた人たちがいるからだよね。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。