スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院中の生活

COTOは元気だし、母さんは病院から出られないし(泣)、

というわけで、暇なので(笑)COTOの病院での入院事情でもレポートします。



COTOは現在小児科病棟に入院中。

小児科病棟は基本親の付き添いが必要ですが、ある程度大きい子(自分でナースコールが押せて、1人で寝られるような)には、必ずしも付き添いの必要はないそうです。

SpO2やHR、状態によって心電図などは、無線でナースステーションに飛ばせるようになっています。


1床に1台、テレビ・DVD・冷蔵庫のセット(有料)が完備されています。
klhujghk

が、現在COTOが入院している部屋にはテレビアンテナが配線されておらず、DVDだけ楽しめます(すごい落ち度、苦笑)


付き添い者も院内のシャワーを使うことができます(1人20分)が、指定時間内での予約制となります。
病棟の混み具合によっては、し烈なシャワー取り合戦(早い者勝ち)が繰り広げられます。

シャワー以上に困るのが、トイレ事情。
病棟内の女性トイレは2つしかなく、患児と付き添い者がみんな使います。
付き添い者は女性(お母さん)率が高いわけで…
病棟が賑わってる時はちょっとしたストレスだったりします。

付き添い者は、子どものベッドに添い寝するか、簡易ベッドに寝るか選ぶことができ、簡易ベッドは言えば借りることができます。



院内には1つの売店と2つのレストラン(テイクアウトあり)があり、病室で食事を取っています。
電子レンジと熱湯も共同であるので、インスタントやレトルトも食べられます。



小児科病棟にはプレイルームがあり、本やおもちゃが置いてありますが、感染症の子は出入り禁止です。
また、保育士さんが2名いて、プレイルームでの相手の他、付き添い者がシャワーに行っている間、病室に来て子どもの相手をしてくれたりもします。



COTOが入院すると、大抵は2人部屋になります。
2人部屋とはいえ、もう1床はあいてることが多く、病棟がいっぱいで仕方ない時くらいにしか相部屋にはなりません。

これは、呼吸器をつけていることでスペースを使うため、優先的に1人なるようにとの配慮と聞いています。
(もちろん個室料金はとられません。)


設備的には割と恵まれている病院だと感じていますが、
それでも24時間付き添いは体と心に堪えます。
お姉ちゃんともしばらく会えなくなってしまいますし…。


そして確実に太りますし…(母さんが、涙)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

わかります 

こんばんは   
はじめてブログを拝見させて頂きました 

付き添い中の運動量の減ること減ること 
あっという間に体重は増える

お互いに早く退院したいですね

夢のママさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
夢のママさんも、付き添いなんですね。お疲れ様です。

帰宅して体重計に乗るのが怖いですよ・・・。
お互い、頑張りましょうね!!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。