STにて

今日はSTの日。
少し距離があるため、父ちゃんと行けるように・・・と土曜日に予約を入れていたのですが、
残念ながら、今日は父ちゃんお仕事。

仕方ないので、母さん1人で連れていくことにしました。
(COTOの調子もいいし)

問題になるのはお姉ちゃん。
COTOのSTリハの間、側にいたら絶対飽きるだろうし、COTOも集中できないだろうし。
いつもなら、一緒に行っている父ちゃんと遊び場で遊んでいるのですが・・・。

その遊び場、その施設にリハ等に来る発達障害の子だけでなく、
地域などから気軽に遊びに来てもいいように解放されています。
木のおもちゃなどが多数そろっており、お姉ちゃんも毎回楽しく待ち時間を過ごしてくれています。
おまけに、10時から5時は保育士さんが常駐しているので、安心です。

そこで、今日はその保育士さんに相談。
「下の子のリハビリの間、この子を1人でここで遊ばせておいてもいいでしょうか?」

すると、小さい子は本当は駄目なんだけど・・・と言いながらも、
「お母さんを恋しがらなくて、1人でおトイレに行ける子ならいいですよ」って。

ええ、ええ。
お姉ちゃん、こんな魅力的なところなら母さんを恋しがりません!(苦笑)

そうして、お姉ちゃんは遊び場で約1時間、おりこうに遊んでいてくれました
助かりました!!



さて、肝心のCOTOのリハビリですが、
先生がCOTOのスイッチでおもちゃを・・・とトライしてくださったのですが、
残念ながら先生が用意してくださったおもちゃは、スイッチで遊べないおもちゃ。

乾電池式だから、家から持って行ってるBDアダプターを使えば遊べるかと思ってくれたようですが、
残念ながら、ONにすると動き続けるおもちゃじゃないと、スイッチ遊びには向かないんですよね


それじゃ・・・ということで、ミニ電子ピアノで遊ぶことにしました。

先生がピアノを支えてくれ、母さんがCOTOの手をもって音鳴らし。


そうして鳴らしていると、COTOが鳴った音の真似を始めました。

ど・み・そ~  「ん・ん・ん~♪」
ど・ふぁ・ら~ 「ん・ん・ん~♪」

母さんも調子に乗って、音取りの練習へ移行(笑)

ドミソなどのように上がっている音程は割と上手に真似してくれるのですが、
ソミドのように下りていく音程は
「あれっ?」と変な音取りになったりして・・・結構笑えました


COTOも楽しんでいて、「もっと」の連発。

最後は楽しくリハビリを終えられたようです。


そういえば、家のミニピアノは2階の子ども部屋にしまったままだったなあ。
また、COTOと遊ぶように出してこようかな。

なんて反省のできたSTでした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

COTOちゃん訓練お疲れ様。

ちーちゃんさんへ

ありがとう。
ちーちゃんも、元気かな?
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク