スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勉強不足

母さんの出産を控え、何かの時のためにショートステイ(泊まりがけの預かり)の登録を検討しています。

家のまわりで30分くらいで行ける肢体不自由児者施設は、
基本的に気管切開をしている子は見るのが難しいとのことで、ダメ。

次に近いところとして、隣の県にはなりますが、
この地域から多く利用者がいる療育センターを検討していました。
(高速道路を使って1時間くらいで行けます)

主治医に紹介状を書いてもらい、受診の予約を取り、
あとはショートステイの受給者証をもらうだけだ・・・と思っていたところで、問題発覚。

その療育施設は重心(重症心身障害者)施設とのこと。
COTOは、身障者手帳(肢体不自由)は最重度ですが、療育手帳(知的障害)を持っていないため、
利用することができない、とのことです。



以前から重心との違いを頭では分かっていましたが、
実際は重心の子と一緒に考えてもらうことが多く、それほど重要視していませんでした。

でも、いざ制度を利用しようと思ったらその壁に当たってしまったようで・・・。


結局、年明けに予約していた療育センターの受診はキャンセルすることになりました


ただ、重心認定だけは別にできる可能性がある、ということを
市の職員さんが教えてくださいました。

療育手帳とは別に重心認定を受ければ、重心施設も利用できるようになるとのこと。

さっそく認定の申し込みをしました。
少し先になりますが、家に訪問して様子を見てもらうことになるようです。


ヘルパー、訪問看護、ショートステイ・・・。

いろいろな制度を利用しようと思って少しずつ動き出している母さんですが、
毎回いろんな制度のことが分かっておらず、自分の無知さにため息が出てしまいます。

これらの福祉制度について、きちんと勉強しなくっちゃ・・・。


・・・・どう勉強すればいいんだろう?(苦笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

上手く制度を利用しないとね

ちーちゃんへ

うまく利用して過ごせるといいですよね。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。