スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預かりボランティア、日中一時支援へ

昨年6月から始めてくださっている預かりボランティア。

COTOがお世話になっている訪問看護ステーションが、介護福祉施設の一部屋を使って、
医療的ケアのあるCOTOのような子どもたちを無償で預かってくれていました。

これまで、母さんはその時間を利用して、産婦人科や歯医者、また映画に行ったりすることもできました。


ただ、無償で行ってくれているため、いつまでもこのようにお願いすることはできない・・・。

そこでこれまでの実績を市も認めてくれ、
来年度から日中一時支援として利用できるようになりました。


これまでと違いボランティアではないため、利用側としては利用料がかかるようになりましたが、
日中一時支援の制度で行ってくれるため、負担は少なく済むようでとてもありがたいです。



母さんの産婦人科通いがなくなることに加え、COTOの入園、乳児を抱えている、という状況に変化する来年度。

正直、日中一時支援を利用する余裕があるかどうかはまだ分かりませんが、
(日程調整以外に、乳児を連れてCOTOを連れて行く、ということがそうそう気軽にできることではないため)
こういった制度が利用できる立場にある、ということは大きな安心になります。

それもこれも、ボランティアで預かってくださっている訪問看護ステーションの皆さんや、
それに理解を示してくださる市や周りの人たちの支援のおかげです。

本当にありがとうございます。



たくさんの人たちに支えられて過ごしていることを強く実感する母なのでした。。。。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。