スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイトビーのお試し  その1

デモ中のマイトビー。
視線で操れるパソコンです。

まず問題は,画面の場所をどのようにセッティングするか。
顔と画面がまっすぐになるようにセッティングする必要があります。

まずはじめは,COTOの顔を真横に向け,片目だけの動きをひろって操作してもらいました。
(片目だけというのは,顔を真横にむけた時に下になってしまった目は認識されにくいようです)

dgtmghfre

それから,ストレッチャーでギャッジアップした状態でセッティング。
etrytuilo;poly

顔が少し斜めになっているところに,画面を合わせて置いてみたら,認識してくれました。
これは両目が使えます。

それから,座位保持椅子に座った状態でセッティング。
rtyk.ju
これも両目が使えます。

一応,どの方法も認識できました。


次に,入力方法をどうするか。

視線で選択するのですが,選んだものを選ぶ「決定」・・・つまりクリックは,視線,まばたき,スイッチといくつか方法があります。

視線で決定する場合は,注視することになります。
注視,つまり一定時間その部分をじっと見続けることで決定となるのですが,
これがやってみると疲れるっ。(母さんもやってみました)

じ~っと画面を見続けなければいけないのですが,一定時間が経過する直前に視線をずらしてしまうと,
当然選択されず,再度一定時間見続けなければいけません。
やっているとすぐ疲れてしまい,より決定しづらくなっていってしまいました。


まばたきの決定は,注視よりは目の疲れはおさえられます。
でも,ちょっとコツがいる感じがしました。
COTOには説明が難しいな・・・と感じました。

そしてスイッチの決定。
これは,視線で選んでおいて,決定をスイッチで行う,というものです。
これは,一番ストレスが少ないと感じました。
選びたいものをみてスイッチを押すので,オートスキャンのように順番がくるのを待っていなければいけないというストレスもありません。

COTOにはこの方法が一番いいと感じました。
kuyuytert

ただ,見て選択していてもスイッチを押すときに視線を動かしてしまうと,当然決定できないため,
「見ているときにスイッチを押す」というタイミングが必要で,
COTOははじめそのタイミングが合わず・・・・。

でも,ちょっと練習したら少しずつタイミングが合うようになってきました



ちなみに,入力方法の切り替えは本体の操作(タッチパネル操作なので簡単です)で「注視」「まばたき」「スイッチ」をそれぞれ選ぶだけ。

スイッチの差し込み口は本体画面の裏側にあり,
tyhtyt4323
さすだけで使えるので,とっても簡単でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。