スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火の後

花火の後,リビングに戻ったCOTO。

「おもしろかった?」と聞くと,
「おもしろかったー」と言って何やら一生懸命話し始めました。


とはいえ,COTOの言葉を理解するのはちょっと難しい。

母さんがなかなか分かってあげられないでいると,
COTOの顔がみるみる泣き顔に・・・。

こういう時,焦ります
もう少し確実にやりとりできるようになるといいのだけれど・・・。

今回は,言いたいことが何とか分かりました。

どうやら,花火をやったことの感動を表現するために,
「うれしー!」と言いたいらしい。

そこでCOTOの手を持ってばんざーいをしながら「うれしー!」

「もーいっかーい」「うれしー!」
何度も繰り返します。
そのうち,
「せーの」「うれしー!」
に変わり・・・何回「うれしー!」をやったでしょうか・・・。

こうなるとエンドレスです


でも,母さんもCOTOの言いたいことを分かってやれた嬉しさも手伝って,
何度も何度も「うれしー!」を繰り返しました。


今回はCOTOの意志をくみ取れましたが,
大抵の場合はよく分からないことが多く,
COTOとのコミュニケーションは大きな悩みの1つです。


あ~
ほんやくこんにゃくが欲しいなあ~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

花火の後

COTOちゃんのコミュ二ュケーションってどうやってるの?

No title

良かったですね~
花火に勝るものって難しい!子どもはみんな大好きですもんね

でもCOTOちゃんの意思表現はほんとにすごいですよ
呼吸器つけながら合間に話す、だなんてこと普通はかなりの至難技なのに
うちも出来るようになってほしい~うらやましい~^^

No title

 言葉伝わらないのってね、ほんやくこんにゃく欲しいね。でも、あったらあったで、COTOちゃんおしゃべりで、ママ、ママってずっと話してそう!

ちーちゃんへ

COTOは,気管切開していますが,声が出ます。ただ,口は全くといっていいほど動きません。
口を半開きのまま言葉を話してくれるので,鼻歌のような話し方になります。
(分かりにくくてごめんなさい~)

なので,はっきりとした発音でない分言葉の解読が難しいんです。
ひらがなが覚えられればまた方法が広がるかな~と思っています。

よーひなままさんへ

あの光が刺激的ですよね~(笑)

声も、本来なら出なくてもおかしくないですよね。ホント、どうやって声を出しているんでしょう…。


でも、ひなちゃんみたいにひらがなで会話できたらいいのに…ともどかしいことも多々あります。

な~とさんへ

今でもず~っとしゃべり続けてますけど(苦笑)、分かるようになると大変かもしれませんね~(汗)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。