スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分かっていたの?

COTOは3歳。
3歳といえば,多くのことがよく分かる年齢です。

普段COTOと接している母さんは,COTOが結構分かっているような気がする時もあれば,
やっぱり分かっていないのかな,と思うこともしばしば。

例えば色の名前。

3歳といえば,色の名前も言えるようになっている頃だと思うのですが,
COTOの場合は合っていたり,間違っていたり。
本当に色が分かっているのか・・・が不確定なのです。

例を挙げると,
黄色を見せて「これは何色?」と聞くと,
すぐに「あか」と聞こえる返事が返ってきます。
(これはピンクと言ったり緑と言ったり,その時によって変わります)

「赤」とちゃんと聞き取れるわけではないのですが,
赤は2文字,黄色は3文字,イントネーションも含めて明らかに違うことが分かります。

「ん~?何色かな?」
ともう一度聞き返して少し待つと,
「きいろ」と聞こえる答えが返ってくることが多いので,分かっているのかな・・・とも思うのですが,
これは親の欲目なのか?そもそも,黄色と聞こえていると感じているけれど,本当に黄色と言っているのか?
などと思うと,自信を持って褒めてやることができなくなってしまうのです。
(とりあえず褒めていますが,苦笑)


・・・前置きが長くなりました。
こんな状況の中,レッツチャットを楽しんでいるCOTO。

母さんが作った,オリジナルカードの中で,色カードをセットしてみました。

選択肢は6つ。
COTO愛用のアンパンマンのクレヨンの6色です。
6syoku


「COTO~。赤を選んでみて」
・・・赤を選びます。

「黄色を選んでみて」
・・・黄色を選びます。

「じゃあ,水色を選んでみて」
・・・水色を選びました!!

その後,全部の色をちゃんと選んでくれました。

母さんは,この水色などの下の段を選べたことにびっくり


・・・というのも,赤,黄色は上の段なのでレッツチャットがスキャン中に読み上げてくれます。
(本体にオリジナルで登録したので)
なので,色を見て選んだのではなく,音を聞いて選んだ可能性もありました。

でも,下の段の水色を選ぶには,
縦列で「黄色」と読み上げられる時にまず選択する必要があり,
そのあと黄色か水色かの選択になります。
つまり,水色がどれか分かっていないと,正しい列を選ぶことができないのです。
(・・・・分かりにくい説明ですみません)



このカードを初めて使ったにも関わらず,下の段を一発で正確に選んだCOTO。

・・・ということは,少なくともアンパンマンクレヨンの6色は,分かっていたの

それはつまり,これまで面倒で適当に答えていたってことかしら?
それとも,わざと間違えて反応を楽しんでいたのかしら?

レッツチャットでもその後言われた色を選ばずにぐちゃぐちゃに選び出した様子から考えると,
面倒に思っている案が有力なのでしょうか・・・。
集中力も長く続かないということでしょうし。

まさに3歳児・・・なのかもしれません(汗)


でも,少なくとも6色の名前は区別出来ているようなので,
これからはちょっと厳しくいこうと思った母さんなのでした。
ふふふ・・・覚悟してね,COTO。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。