スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母さんがいなくても

今日は定期の小児科受診の日でした。

病院に行く前に,
訪問リハビリを受け,お世話になっているヘルパーさんたちと母さんでお話をしてから行ったのですが,

ヘルパーさんたちが来る前に,COTOにレッツチャットをセッティングしてあげ,
「レッツチャットで『こんにちは』とご挨拶しよう♫」
とCOTOに言いました。

さて。
ヘルパーさんたちが訪問。

ピンポンとチャイムが鳴り,母さんが玄関まで出迎えに行って戻ってみると,
レッツチャット画面には
「こんにちは」
の文字。

COTO・・・
上手だね。よくできたね。でも・・・

ちょっとタイミングが早いですよ~(苦笑)

せっかちな性格がここで出てしまいました

おまけに,
顔を見てもう一度「こんにちは」をやろうか?
と言っても,今度は緊張してしまったのか全然スイッチを押さず。
ちょっと待ってみても,今度はスイッチを連打。

母さんは,早々に
「もういいよ~。お口でこんにちは言おうね」
と諦めてしまいました(苦笑)


さて,
その後行った病院で,今日はインフルエンザの予防接種を打ってもらうことになっていました。

ワクチンを用意してもらっている間に,
妹のNONの授乳時間になってしまい,グズグズ

そこでCOTOに
母さんはNONと授乳室へ行くこと,ヘルパーさんと一緒に注射を頑張ること,
を伝えると,
「いいですよ」
とのこと。

そこで母さん,後ろ髪を引かれながら授乳室へ・・・。
授乳が終わり,COTOの元へ戻ってみると,
ちょうど注射が終わったところ。

母さんと目が合うと,涙が一粒ポロリ・・・。

「お母さんを見てちょっと涙が出ちゃったんだよね~。でも,今お母さんの顔を見るまで泣かずに頑張っていたんだよ」
とヘルパーさん。

そっか。
母さんがいなくても,母さんがいないからこそ,頑張れたんだね。

ちょっと成長を感じた瞬間でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんず

Author:あんず
COTOはSMA(脊髄性筋萎縮症)という病気をもって生まれ、重度の肢体不自由、人工呼吸器装着の生活をしています。

できないことはたくさん、でもそんな中に喜びもたくさん。
そんなCOTOの生活の記録です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。